ほっかいどうTown Guide

ホーム > 上川 > 音威子府村 > 開拓精神が根付く
森と匠の村

開拓精神が根付く
森と匠の村

hl64_172_otoineppu01

「北海道」と命名され2018年で150年。その命名されたとされる地が音威子府村にあり、木の碑が立てられている。

旭川市より北にJRで約1時間50分。「北海道で一番小さな村」として知られ、村の総面積の約80%を森林が占める"森の村"。豊富な森林資源を活かした工芸による村おこしを推進し、かつて故・砂澤ビッキ氏が村で制作した作品は国際的にも評価が高い。また北海道命名之地や音威子府そば、天塩川温泉があるなど小さな村ながら沢山の魅力にあふれている。
hl64_172_otoineppu02

15年前に亡くなった現代彫刻家・砂澤ビッキ氏が、生涯にわたり制作した作品およそ200点が展示されている「アトリエ3モア」。村中心部より車で約10分。

TOWN INFO

北海道命名之地
「蝦夷地」から「北海道」という地名になってから、2018年で150年を迎える。名付け親は幕末の探検家といわれる松浦武四郎。6回にわたり蝦夷地を調査し、地図や地名、蝦夷地に住む人々の暮らしを江戸に伝えたといわれている。音威子府村には「北海道」を命名した地があり、木の碑が立てられている。
交通アクセス:音威子府村の中心部より国道40号を北へ約8km

音威子府村観光協会
TEL:01656-5-3039
http://otoineppuvillageka.wixsite.com/otoin