ほっかいどうTown Guide

ホーム > 後志 > 寿都町 > 海と風の恩恵を受けた
歴史と伝統が紡ぐまち

海と風の恩恵を受けた
歴史と伝統が紡ぐまち

suttsu1

祭りが最高に盛り上がるメインイベントの花火大会。程よい風が花火をよりきれいに見せると好評。

かつてはニシン漁で栄えた寿都湾に面した港町・寿都町は、「寿かき」やホッケなどの新鮮な魚介だけではなく、「生炊きしらす佃煮」と「ほっけの飯寿し」をはじめとする水産加工品などが有名。また、まちの景観スポット「弁慶岬」には、奥州を逃れた義経・弁慶一行がこの地で同志を待ちわびたという伝説が残る。2018年には開基350年を迎え、長い歴史と伝統が根づいている。
suttsu2

美しい夕日を背に武蔵坊弁慶像が立つ弁慶岬。初夏には北海道の花・ハマナスが咲き誇る寿都町の景勝地。

TOWN INFO

すっつ夏祭り ~ みなとま~れ10th Anniversary ~

8月14〜15日の二日間で行なわれる「すっつ夏祭り」。14日は、道の駅前広場で寿都町の伝統的な「弁慶音頭」を披露するほか、ライブなども開催予定。15日は、寿都町開基350周年を記念して20時から4,000発もの花火で夜空を彩る。打ち上げ場所と観覧場所が近いため、大迫力の花火大会は必見。ほかにもビアガーデンやライブイベントを予定しているので、ぜひ足を運んでほしい。

日程:8月14日(火)16:00~21:00、8月15日(水)17:00~21:00
※花火大会は15日のみ開催(寿都漁港にて20:00〜20:40予定)

会場:道の駅みなとま〜れ寿都前広場

寿都観光物産協会 TEL:0136-75-7201 http://suttufan.com