特集

ユネスコ無形文化遺産登録
300年の歴史と伝統を誇る祭り

p90_hachinohe01

前夜祭と後夜祭は夜間にライトアップされた山車が展示される。

 毎年7月31日から8月4日まで開催される北東北最大規模の絢爛豪華な山車絵巻。およそ300年の歴史と伝統を誇る国の重要無形民俗文化財で、平成28年12月1日にはユネスコ無形文化遺産「山・鉾(ほこ)・屋台行事」へ登録された。おがみ神社・長者山新羅神社・神明宮の三神社の神輿行列と、神話や歌舞伎等を題材にした27台の山車の合同運行でまちを華やかに彩る。
p90_hachinohe05

大太鼓、小太鼓、笛のお囃子にあわせて、子どもたちの掛け声がお祭りを盛り上げる。

p90_hachinohe06

高さ10m・幅8mの山車が通り、仕掛けが展開するたびに、大きな歓声があがる。

八戸市庁前広場及び中心街

電話番号:

0178-46-4040

アクセス:

JR八戸線本八戸駅より徒歩約5分

営業時間:

7月31日(月)~8月4日(金)