特集

ホーム > vol.58(2017 4-5月号) > 道南・青森 歴史でめぐる春の旅 > みなみ北海道花めぐりの旅【コースB】

みなみ北海道花めぐりの旅【コースB】

北海道随一で唯一の城下町をめぐるコース

hakodate_b_0

北海道最南端に広がる、道内唯一の城下町。 現在も江戸の風情が感じられるまち並みと、城下町を彩る花々を観賞。

北海道で一番早く春が訪れる
みなみ北海道の花と歴史をめぐる旅

本州と北海道を結ぶ「北海道新幹線」が2016年3月26日に開業し、ぐっと身近になった“みなみ北海道”。ここは、北海道で一番早く春が訪れるエリアであり、また、桜をはじめとする花の名所や、歴史物語の舞台となった場所が多数点在している。今回は、その中からピックアップしたおすすめの歴史スポットや花見スポットをめぐる三つのコースを紹介。暖かい春の日差しを浴びながら、みなみ北海道の魅力をたっぷり満喫しよう

協力/(公社)北海道観光振興機構道南地域分科会
hakodate_b_1

1 北斗市/法亀寺【花】

hakodate_b_4

4 松前町/松前公園・松前藩屋敷【花・歴史】

hakodate_b_6

6 福島町/殿様街道【花】

1 北斗市/松前藩戸切地陣屋跡【歴史】
蝦夷地の防衛を強化するため、松前藩が構築した日本初の洋式城塞。現在は土塁や空堀のみが残る。

1 北斗市/法亀寺【花】
しだれ桜(4月下旬~5月中旬)

北海道最大級の高さ12m、樹齢300年といわれるしだれ桜の姿は圧巻。「桜回廊」開催時はライトアップも。(4/29~5/14予定)

2 木古内町/サラキ岬【花】
チューリップ(5月上旬~中旬)

軍艦「咸臨丸(かんりんまる)」が眠る場所。オランダで誕生した船であることから、約5万球のチューリップの花壇が整備されている。

3 知内町/雷公神社【歴史】
1205(元久2)年に、砂金を求めて甲斐国(山梨県)から来た荒木大学が、天下泰平と当所の安全を祈願したのが始まりとされ、道内で最も古い神社と伝えられている。

3 知内町/重内(おもない)さくらロード【花】
桜(4月下旬~5月下旬)

道道698号線、重内神社より伸びる桜並木が続く直線道路。夏はホタルを観察することもできる。重内神社裏の展望台からの景色がおすすめ。

4 松前町/松前公園・松前藩屋敷【歴史・花】
桜(4月下旬~5月下旬)

松前の城下町を再現した「松前藩屋敷」がある公園。「桜の名所100選」にも選ばれ、「血脈桜(けちみゃくざくら)」など見どころが満載。

5 上ノ国町/勝山館跡【歴史】
15世紀後半に武田信廣が築いた山城。敷地内ガイダンス施設では、10万点余りの出土品や道具、建物、井戸、橋の跡などから当時の暮らしぶりを知ることができる。

5 上ノ国町/花沢公園【花】
桜(5月上旬~中旬)

天の川河川敷側に位置する公園。5月上旬の桜や、6月中旬のエゾヤマツツジの開花の時期に多くの人でにぎわう。

6 福島町/福島大神宮【歴史】
毎年9月の「福島大神宮例大祭」で行なわれる四ヶ散米(しかさご)行列は、開拓期の松前文化の特色を備えた、ほかに類例のないものとなっている。

6 福島町/殿様街道【花】
エゾエンゴサク(5月中旬)

江戸時代に殿様の通った福島町から知内町に通じる街道。豊かな自然にあふれ、5月にはエゾエンゴサクが咲く。