特集

ホーム > vol.58(2017 4-5月号) > 道南・青森 歴史でめぐる春の旅 > 弘前さくらまつり (弘前公園)

弘前さくらまつり (弘前公園)

100年目の記念イヤー
様々な特別企画を用意

p88_002

“日本一”と称される桜と弘前城がともに楽しめる「弘前さくらまつり」。

 1918(大正7)年に第1回観桜会が開催されてから2017年で100年目を迎える、弘前市を代表する春のさくらまつり。それを記念して、中心商店街を桜の造花で飾る「まちなかレトロ装飾」をはじめ、当時の観桜会を彷彿とさせる「弘前公園観光人力車」、津軽三味線を聴きながら食事もできる「さくら桟敷」など、様々な特別企画を用意。曳屋工事により、天守が移動して2回目の祭りとなり、岩木山を背景にした天守と桜のロケーションは今しか見られない光景。4月22日(土)~5月7日(日)までの通常より3日長い16日間の開催となる。
p88_003

今年からスタートする「弘前公園観光人力車」。人力車に乗って、園内の桜をゆったりと愛でることができる。※イメージイラスト

p88_004

桜の時期だけに登場する「さくら桟敷席」。津軽三味線の生演奏をBGMに、郷土料理やアップルパイを食べながら花見ができる。※イメージイラスト

p88_005

地元の素材をふんだんに使ったお花見弁当。缶ビール(350ml)と日本酒ワンカップが各一つ付いた「お弁当プラン」は5,000円。

弘前観光コンベンション協会

電話番号:

0172-35-3131

アクセス:

弘南バス「弘前市役所前」停下車、徒歩すぐ

営業時間:

7:00~21:00、さくら桟敷/11:00~21:00、人力車/9:00~16:00(4月中旬~11月中旬)

駐車場:

複数カ所あり

クレジットカード:

不可

期間:4月22日(土)~5月7日(日)