特集

ホーム > 旭岳温泉 ホテルベアモンテ

旭岳温泉 ホテルベアモンテ

日本で極めて珍しい泉質を
ゆったりくつろぎながら満喫

p69hotel

北海道の最高峰である大雪山旭岳。雄大な大自然にたたずむ宿。天井が高く開放感のあるロフトタイプの客室のほか、ツインや和室、特別室もあり。

旭岳のふもとにたたずむ山岳リゾート。源泉かけ流しの天然温泉は1914(大正3)年に大雪山系から泉源が発見され、今も自然湧出している。無色無臭のさらさらとした泉質で、日本では希少な「含正苦味食塩石膏泉」の湯。血行をよくする効果があるといわれ、「傷の湯」として旭岳登山や散策、スキー後の筋肉痛や疲労回復のために訪れる観光客も多い。源泉温度は少し低めなので、長時間ゆっくりと浸かることができ、心ゆくまで大雪山系の豊かな山の湯を楽しめる。

地元の素材にこだわった
種類豊富な「和洋ビュッフェ」

食事は地産地消にこだわった、季節ごとに替わる創作料理が堪能できる。地元東川町近郊で採れた旬の食材をふんだんに使った「和洋ビュッフェ」は、「旬野菜と生ハムのロール巻」や「近郊でとれたアスパラの牛肉巻き」といった全約45品の豊富なメニューを取り揃えている。グリルコーナーでは、焼きたての肉をアツアツのまま味わえる。

高山植物が咲き誇る景観は
まるで天空の花畑のよう

ホテルより徒歩約3分の距離に旭岳のロープウェイ山麓駅があり、まさに大自然に抱かれる感覚で旭岳を満喫でき、気軽に空中散歩を楽しめる。夏期には高山植物が咲き乱れ、素晴らしい景観が望める。なお、山頂付近は夏でも冷たい風が吹くため、防寒対策は必須。同じ旭岳には、姉妹ホテル「ディアバレー」もあり、限定26室の小さなホテルで静かに過ごすのもいい。
p69hotel2

「姿見展望台」は姿見駅より徒歩約20分ほどの距離。池に映る旭岳は神秘的な雰囲気が漂う。

p69hotel3

エキシビジョンスタイルのキッチンで焼きたての道産肉のグリル料理を楽しむ。東川町産のみずみずしい野菜を中心としたメニューも提供。

p69hotel6

加水・循環は一切しておらず、希少な泉質の天然温泉を存分に楽しめる。

上川郡東川町旭岳温泉

電話番号:

0166-97-2321

営業時間:

チェックイン/チェックアウト 15:00/10:00

駐車場:

あり(84台・無料)

クレジットカード:

主なものOK

料金:

1泊2食付1名10,500円~(消費税、入湯税別)