特集

ホーム > vol.59(2017 6-7月号) > きた北海道への誘い > 小平町(おびらちょう)

小平町(おびらちょう)

国重文指定文化財 旧花田家番屋で
ニシンの文化を知る

p91obira01
建造物では最北端の国指定重要文化財で、2001(平成13)年には北海道遺産にも認定された「旧花田家番屋」。1905(明治38)年頃に建築され、当時雇い人が200人を超えたという大鰊漁家で、道内に現存する番屋では最大規模を誇る。道の駅を併設し、国道232号線をはさんで海側のにしん文化歴史公園には、北海道の名付け親、松浦武四郎翁の像が建っている。毎年5月下旬に「鰊番屋まつり」を開催しており、各種イベントが行なわれ、多くの来場者で賑わう。

道の駅 「おびら鰊番屋」

電話番号:

0164-57-1411

アクセス:

留萌郡小平町鬼鹿字広富

営業時間:

9:30~17:00 

定休日:

月曜12/28~1/15(6月下旬~8月中旬は無休)

駐車場:

あり(普通車67台・大型車12台・身障者用2台・無料)

[協力]留萌管内体験観光サイト「るもい体験Navi」
http://rumoifan.net/taiken