特集

鶴沼ワイナリー

垣根式栽培のブドウでつくる
香りが高く繊細で高品質なワイン

p128urausu6

ヨーロッパのワイン畑を彷彿させる景色。秋にはブドウの紅葉が広がる。

日本で一番広い447ha(東京ドーム約95個分)の垣根式ブドウ畑。ここは小樽に醸造所がある北海道ワインの自社農園「鶴沼ワイナリー」。浦臼町は"日本のヨーロッパ"と言われるほど、湿気が少なくさわやかな気候で欧州系のブドウ栽培に最適。ここで収穫された遅摘みブドウで仕込む「鶴沼ワイン」は、国産ワインコンクールで数々の賞を獲得。直売所では、それらを豊富に揃え試飲もできる。近年、国内外から高い評価を得ている「北海道ワイン」を代表するワイナリー。
p128urausu5

農園入り口に建つ直売所。ブドウ畑を見ながら鶴沼ワインの試飲もできる。

樺戸郡浦臼町字於札内428-17

電話番号:

0125-68-2646

アクセス:

道央自動車道・奈井江ICより車で約30分

営業時間:

9:00~17:00(12~3月は16:00まで)

駐車場:

あり(20台・無料)