特集

阿寒湖から不思議の森へ

鶴雅発・アドベンチャーベース[SIRI]で
大人の冒険を楽しむ

hl66_82_83siri4361

天然記念物マリモが生息する世界唯一の湖、阿寒湖。大自然と名湯に恵まれ、周辺には鶴雅グループの瀟洒な宿が5館、いずれも大人がくつろげると評判が高い。2018年春には、宿泊者に大人の冒険を案内する「アドベンチャーベース[SIRI(シリ)]」がオープン、すでに欧米人に人気となっている。

 北海道の温泉地として有名な阿寒湖温泉だが、お風呂と食事だけではもったいない。[SIRI]には大人が楽しめるアクティビティが満載だ。初めて阿寒に訪れたなら、「ぶらぶら散歩」から始めよう。地元ガイドが同行してくれて、宿から阿寒湖までをのんびり散策。地元にいるからこそ熟知している、まちの様子やおみやげ、グルメ、楽しみ方から撮影スポットまで、軽妙な語りが飽きさせない。まちなかでの散策なので、もちろん車椅子の方でもOK。気軽に参加してみてほしい。
 そして、いよいよ冒険の旅へ出発。[SIRI]では森・登山・釣りと三つのプランがあり、プライベートツアーにも対応している。森を楽しむプランでは5種のプログラムを用意。阿寒には前田一歩園財団が管理している「光の森」があり、厳正な審査に合格した9名の認定ガイド「森の案内人」しか入ることができない。そのうち2名の認定ガイドが[SIRI]に所属しているので、「不思議の森(光の森)ツアー」など3種のプログラムで森に入ることができるのである。元タカラジェンヌで「アイヌの母」といわれた前田光子が守ったこの森、その歴史、自然、珍しいスポット……ガイドの話を聞きながらの山歩きは、時間が経つのを忘れるほど面白い。
 ほかには、「早朝ドライブ&散歩」もおすすめ。日の出に合わせて車で出発、途中で車を停めて山の中をのんびり歩くと、とつぜん白湯山の山頂が姿を現す。広がる雲海、雄阿寒岳・雌阿寒岳のパノラマが見渡せる。ここまで来たごほうびに淹れてくれるモーニングコーヒーがうれしい。
 ふだんの旅行から、一歩すすんで冒険の旅へ。原始の森の息吹を感じられる時間、自然の中に包まれる心地よさ。宿に戻れば、肌にやさしい名湯と美味しい食事が待っている。
 今年スタートしたばかりの[SIRI]だが、当初は欧米人の予約が多かったという。彼らは形ではなく、現地でしかできない体験を尊重しているからだ。確かに阿寒湖周辺は、たくさんの魅力にあふれている。 
 ここは、人が自然に還れる心のふるさと。ひとたび体験してみれば、また阿寒に訪れたくなるだろう。
hl66_82_83siri4280

「鶴雅ウイングス」1階にある受付では当日の気候や見どころを案内。ウエアなど装備はレンタルできるので、手ぶらで訪れてOK。「鶴雅ウイングス」と「あかん遊久の里鶴雅」ではアウトドアブランド「THENORTH FACE」のショップがあり、阿寒オリジナル商品も販売している。

hl66_82_83siri4451

早朝の雄阿寒岳と広がる雲海、やがて眼下に現れる阿寒湖も見どころのひとつ。[SIRI]のマグカップで味わうモーニングコーヒーも格別。

hl66_82_83siri4644

「光の森」では象徴ともいえる樹齢800年のカツラの巨木。阿寒町では「巨木サミット」が行なわれたことも。

鶴雅グループ アドベンチャーベース[SIRI(シリ)](釧路市阿寒町阿寒湖温泉4丁目6-10 あかん湖 鶴雅ウイングス1F)

電話番号:

0154-65-6276

営業時間:

8:00~20:00