特集

標茶町博物館 ニタイ・ト

森と湖に囲まれた
自然と歴史を学べる博物館

hl66_85nitaito_main01

オーベルジュとして人気を集めた「旧ピルカトウロ」をリノベーションした、おしゃれな外観の博物館。

 2018年7月1日(日)にオープンした博物館。アイヌ語で「ニタイ」は森を、「ト」は湖を意味し、森と湖に囲まれた塘路(とうろ)らしい名称が付いている。展示室は全部で六つあり、縄文時代から近代までの標茶町の歴史や、アイヌ文化に関する資料、まちの周囲に棲息する動植物のジオラマなどを展示。また「標茶のアイヌ文化」と「標茶の近代」と題した展示室は、天井が高く開放感あふれるつくりで、広々とした空間の中でじっくりと観覧できる。
hl66_85nitaito_02

標茶町の昆虫研究家・飯島一雄氏が寄贈した、莫大な数の昆虫標本を展示。

川上郡標茶町字塘路原野北8線58-9 

電話番号:

015-487-2332

アクセス:

JR塘路駅より徒歩約15分、またはたんちょう釧路空港より車で約50分

営業時間:

9:30~16:30

定休日:

月曜(祝日の場合は営業、翌火曜休)、7月1日~8月31日は無休

駐車場:

あり(30台・無料)

料金:

高校生以上200円(高校生以下、70歳以上、障がいのある人は無料)