特集

おんねゆ温泉

開湯120周年を迎える
肌ざわりのいい美白の湯

p118kitami_onsen1

無加川沿いに温泉街があり、個性ある湯宿が並ぶ。

阿寒、大雪、知床の国立公園に囲まれ、まさに自然の恵みの賜物といえる温根湯(おんねゆ)温泉。アイヌ語で「大きな湯の湧くところ」という意味の通り、明治32(1899)年の開湯以来、源泉100%の単純硫黄泉がこんこんと沸き続けている。
p118kitami_onsen3

すべての温泉が源泉かけ流し。足湯や手湯も設置された。

p118kitami_onsen2

”美白の湯”といわれる単純硫黄泉で、エイジングケアも期待できる。

おんねゆ温泉観光協会

電話番号:

0157-45-2921