特集

幾層もの漆が織りなす模様が魅力の、
古くから愛される日用の美

p85hirosaki11

ヒバの素地に下地を施し、研ぎと磨きを繰り返し、48もの工程を経て完成する優美な塗物。

漆の自然林が豊かな津軽地方。縄文時代の出土品からも漆を使った土器が見つかるほど古くから使われている。津軽塗は江戸時代初期から始まったとされる伝統工芸。体験では箸やスプーン、手鏡などから好みのものを選べる。紙やすりを使いながら水研ぎで模様を整えていくと、独特の模様が顔をのぞかせる。
p85hirosaki10

職人に見守られながら作業を繰り返すと美しく独特な模様が現れる。

津軽藩ねぷた村(青森県弘前市亀甲町61)

電話番号:

0172-39-1511

アクセス:

弘南バス「亀甲町角」停よりすぐ

営業時間:

9:00~17:00(季節により異なる)

定休日:

無休

駐車場:

あり(200台・無料)

料金:

1,550円(税込)〜

所要時間:約90〜120分