特集

岩手エリア「文化」

平安美術と物語の宝庫

p93iwate01

5月の第4日曜に「毛越寺」で行なわれる「曲水の宴」。平安時代の優雅な歌遊びで、庭園の遣水に盃を浮かべ、流れに合わせて和歌を詠む。

 岩手県は歴史、伝統、自然、暮らしそれぞれに古くからの文化が息づいている。特に平泉町は、国宝や重要文化財が数多い。ほかにも、ユネスコ無形文化遺産に登録されている花巻市の「早池峰神楽」や大船渡市の「スネカ」が有名。
p93iwate02

釜石市の橋野鉄鉱山は「明治日本の産業革命遺産」の構成資産のひとつとして、2015年7月に世界文化遺産に登録された。

p93iwate03

ユネスコ無形文化遺産登録の「早池峰神楽」は、早池峰山のふもと、花巻市大迫で500年以上の歴史があるとされる古い伝統神楽。