特集

サイクリング北海道2019

素晴らしいロケーションが広がる北海道を肌で感じよう

p03
車とは違い小回りがきく自転車はガイドブックには載っていない素敵な景色に出合えるのも魅力。
心地いい風を感じながら自分の足でペダルを漕ぎ目的地に着いたときの達成感は格別でしょう。
ダイナミックで美しい北海道を体感できるコースをご紹介します。
p14cycling_fashion

気温とシーズンに合ったコーディネート

サイクリングを楽しむために

【1】夏でも朝晩は気温が下がる
冷涼な北海道では、日中は暑くても朝晩や雨の日は、一気に寒くなることも。体温調整ができる服の準備を。

【2】幅が広いとはいえ交通量は多い
国道や幹線道路では通行車両に注意を。また農道や裏道を走るコースが多いので順路の確認をしておこう。

【3】補給ができないポイントがある
まちを少し離れたとたん、コンビニはもちろん、自動販売機やトイレがないという事態も。水分などの用意は万全に。

【4】野生動物とは距離をおく
姿のかわいいキタキツネだが、エキノコックスという寄生虫がいるので、触れるのは厳禁。エサやりも禁止。