特集

ホーム > vol.64 道 > vol.64 道南と東北をつなぐ旅 > 厚沢部町(あっさぶちょう)

厚沢部町(あっさぶちょう)

「世界一素敵な過疎のまち」を
目指すメークイン発祥の地

hl64_063_assabu_main

特産品であるジャガイモ・メークインの畑は、まちのいたるところで目にすることができる。

面積の80%以上を森林が占める、緑豊かな厚沢部町。古くは松前藩の所領であり、1678(延宝6)年に松前藩のヒノキ山開放によって、本州から杣夫(そまふ)が渡来。これにより、農業が副業として定着したといわれる。現在も農林業を基幹産業とし、試験栽培を日本で初めて行なった「メークイン発祥の地」としても有名。最近では、特産品のサツマイモを使った干し芋も観光客に人気。

厚沢部町農林商工課

電話番号:

0139-64-3314