特集

三つの登山コースがある
阿寒山群の主峰

p85-meakan1

標高1,499m、阿寒山群の主峰をなす「雌阿寒岳」。約2万年前から活発な火山活動を続けている。

日本百名山の一つ、雌阿寒岳は阿寒摩周国立公園の阿寒湖の西側にそびえる活火山。カルデラの上にできた複雑な成層火山で、毎年約1万人もの登山客が訪れる道内で最も人気のある山だ。麓には日本有数のアカエゾマツ純林が広がり、ハイマツ帯を抜けるとメアカンキンバイやコマクサなど豊富な高山植物が登山客の目を引く。登山コースは「阿寒湖温泉コース」「雌阿寒温泉コース」「オンネトーコース」の3種類がある。
p85-meakan2

整備された山道に三つの登山コースがあり、登山客にも人気がある。

NPO法人 あしょろ観光協会(足寄郡足寄町北1条1丁目 道の駅あしょろ銀河ホール21内)

電話番号:

0156-25-6131