特集

青森・冬の絶景

息を呑むような雪景色や樹氷
青森ならではの自然を体感

hl74_097wi_aomorikeshiki01

雪の積もった岩木山を背にした「鶴の舞橋」。全長300mもの日本一長い木造の三連太鼓橋として有名。

 ノスタルジックな雰囲気の風景や北海道とはまた違ったタイプの厳しい自然が作り出す、独特な絶景に出合えるのは、青森の冬ならでは。雪に包まれ、しんと静まり返る津軽富士見湖に佇む様が、水墨画の趣きをもたらす「鶴の舞橋」。その名のとおり、雪の降りしきる下北半島の厳しい冬をじっと耐え抜く「寒立馬」。全国でも限られた場所でしか見られない自然の芸術・八甲田の樹氷。そんな、北海道でも見ることのできない味わい深い冬の光景に、思わず引き込まれる。
hl74_097wi_aomorikeshiki02

下北半島の最東端・尻屋崎周辺で一年中放牧されている「寒立馬」。冬季間はアタカ越冬放牧地に移動。