特集

ホーム > vol.81(2021 2-3月号) > 冬のさっぽろガイドブック > すき焼き しゃぶしゃぶ 牛のいしざき

すき焼き しゃぶしゃぶ 牛のいしざき

自社牧場での一貫管理で実現
幻の『えぞ但馬牛』真の旨味

p63ishizaki01

『えぞ但馬牛』の旨味をシンプルに味わうしゃぶしゃぶは絶品。

数多くの食通たちに愛される
理想の最高級黒毛和牛

 創業は1972(昭和47)年。「札幌にこの店あり」と謳われる、すき焼きとしゃぶしゃぶの専門店。全国から厳選された黒毛和牛を扱い、国内はもちろん、海外の食通をも魅了してやまない。なかでも目利きの初代が理想の和牛を求めて出合ったのが『えぞ但馬牛』。飼育から加工までを自社工場で一貫管理し、熟成不要の旨味を実現。細かなサシが入った肉質、しっとり吸い付くようなやわらかさ、芳醇な甘みに「この味が忘れられない」と、再訪するゲストも多い。


個室で堪能する
極上の牛しゃぶとすき焼き

 しゃぶしゃぶ、またはすき焼きをメインに選ぶコースが人気。秘伝の割下をからめて焼くすき焼きは、芸術的なサシの入った上品な肉が口に入れた瞬間にふわりと広がり、牛肉ならではの旨味や香りに思わずうっとりとしてしまうほど。また、特製ダレで味わうしゃぶしゃぶは、口の中で滑らかにとろけ、その旨味がよりダイレクトに楽しめる。ワインや日本酒、焼酎などを揃えた多彩なラインナップのアルコールメニューと、究極の和牛を堪能したい。
p63ishizaki02

上品な肉の脂と米の甘みが一体となった「牛炙り握り」は食事のシメに。

p63ishizaki03

全卓個室で、小上がりやテーブル席、窓際の席なども用意。団体利用も可能。

p63ishizaki04

店長 石崎 里佳さん/長年、「牛のいしざき」を裏方として支え、2009年に店長に就任。気品のある対応とおもてなしの心、そして豊富な肉の知識で老舗の大看板を継ぎ、日夜、笑顔でゲストを迎え入れている。

札幌市中央区南3条西3丁目3 Gダイニング札幌3F

電話番号:

011-251-8721

アクセス:

地下鉄南北線すすきの駅1番出口よりすぐ

営業時間:

17:00~23:00 L.O.22:30(祝日~22:00 L.O.21:30) 

定休日:

日曜

駐車場:

なし

クレジットカード:

主なものOK

料金:

目安:12,000円 サービス料:10%

予約:可
席数:60席
子ども:OK