当麻町(とうまちょう)北海道移住移住体験宅地分譲
2024/01/09 11:30
北海道生活

北海道移住|当麻町 新築資材補助や中古移住支援、充実の子育てサポート

北海道移住|当麻町 新築資材補助や中古移住支援、充実の子育てサポート

冬キャンプやハンモックキャンプも楽しめる 「当麻山キャンプ場」。アスレチックや世界の昆虫館「パピヨンシャトー」などのエリアも満喫できる

約65%が森林で占められる、 循環型林業を推進するまち


木を守り育てる循環型林業を推進する当麻町(とうまちょう)。まちの約65%を森林が占めている。「当麻町産材活用促進事業」として、新築住宅に町産木材を使用すると、当該木材の販売額に応じて最大250万円を補助。「未来へつなぐ宅地循環促進事業」として空き家や中古住宅を購入し、町産材を使用して建て替えた場合には最大450万円を補助。さらに空き家などの無償譲渡不動産マッチング支援サイトを運営する「0円都市開発合同会社」と連携し、物件の情報提供をするなど支援制度が整っている。また、『でんすけすいか』や『当麻米』などの農産物も有名だ。

北海道移住|当麻町 新築資材補助や中古移住支援、充実の子育てサポート

毎年2月初旬に開催される 「キャンドルライトフェステイパル」。当麻町青年会議メンバーたちが連日の夜作業で準備する

食育、木育、花育から、 心育につながるまちづくり


当麻町では「食育、木育、花育からつながる心育」をまちづくりの目標に掲げている。「マチの宝、子どもたちのために!」を合言葉に、子育てに携わる機関が「当麻町子育てセンター」に集約され、生まれる前から18歳までの子育てに関する受付、相談などがワンストップでできる。また、経済的負担を軽減するために、高校生までの子どもの医療費の無料化や中学生までのインフルエンザ予防接種無料化、保育料の軽減などを実施。さらに小・中学生の修学旅行費の全額補助や、高校の3年間で15万円の就学支援も行なっている。

北海道移住|当麻町 新築資材補助や中古移住支援、充実の子育てサポート

1月初旬から2月中旬まで、子どもたちが外遊びできる広場「 スノーパーク」を開設。入雪式では参加者全員で雪を踏み固め、巨大すべり台を制作。ゴムチューブやそりを無料貸し出し

北海道移住|当麻町 新築資材補助や中古移住支援、充実の子育てサポート

食育の拠点 「田んぼの学校」では町内の小・中学生が給食で食べる米をつくっている

北海道移住|当麻町 新築資材補助や中古移住支援、充実の子育てサポート

木のおもちゃが多数あり、自由に遊ぶことができる 「くるみなの木遊館」。木のぬくもりにふれることができる木育の拠点

【物件情報】ハートフルタウンとうま第2期、 全61区画分譲中


宅地と宅地の間に幅5mのスペースを設け全区画の日当たりを確保。旭川駅までも車で約30分と便利。

所在地/上川郡当麻町3条東3丁目 

販売区画数/61区画中残り22区画

面積/287.25㎡(86.89坪)〜292.37㎡(88.44坪)

販売価格/293万7千円〜327万8千円

問合せ/当麻町土地開発公社

    (事務局 当麻町まちづくり推進課内)

    TEL:0166-84-2111

    営業時間:8:30〜17:15

    定休日:土・日曜、祝日

HP/http://www.heartfultowntohma.com/


北海道移住|当麻町 新築資材補助や中古移住支援、充実の子育てサポート

ACCESS


東京より空路で旭川空港まで約1時間40分。空港より車で約30分


お問合せ


当麻町まちづくり推進課

TEL/0166-84-2111

HP/http://town.tohma.hokkaido.jp/

スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • 標茶町で「地域おこし協力隊」募集! めん羊の飼育と魅力づくり


  • 北海道 標茶町で、令和6年度「お試し暮らし住宅」入居者を募集中!


  • 北海道移住|清水町 保育園留学受入開始。コミュニティバスも循環


  • 北海道移住|上士幌町 生活体験住宅を用意。オンラインの移住相談も


  • 北海道移住|陸別町 天文台や鉄道、多彩な体験ができる。子育てや医療も安心


  • 北海道移住|滝上町 地震が少なく森林が豊か。子育てサポートも充実