niwacul ガーデニング育て方バラ
2023/12/09 10:30
niwacul

北海道 バラの育て方|11月 凍害回避!雪囲い前の作業「切り戻し」

北海道でガーデニングを楽しむための、バラや宿根草などの植物、病害虫についてなど季節のお手入れ・管理をプロの皆さんが伝授。ここでは、「バラ」についてお伝えします。


文・写真:曽根 浩太さん(岩見沢市・いわみざわ公園バラ園)


凍害にあわないための準備作業! 雪囲いを施す前に行なう「切り戻し」


北海道 バラの育て方|11月 凍害回避!雪囲い前の作業「切り戻し」

今シーズンの最後を彩ってくれた、秋バラの咲く風景 (いわみざわ公園バラ園)

囲いを施す前に行なう「切り戻し」は、任意の高さで切り揃える作業になります。株の高さを揃える「水平切り」になりますので、芽や樹形を考えることはありません。剪定の場合は、芽が伸びていく方向や樹形を見て考慮しながら切りますが、切り戻しはその必要ありません。切り戻しと剪定は、別の作業であるという認識を持つとよいでしょう。
切り戻しの目的は、早く雪の中に埋まり、寒風を防いで凍害を回避すること。ですので、そもそも凍害にあいにくい品種やつるバラ、株倒し法で越冬するようなバラには行なわない作業です。

北海道 バラの育て方|11月 凍害回避!雪囲い前の作業「切り戻し」

切る際は、ハサミを地面と水平にするようにして切る「水平切り」で行なう

切り戻す高さは、地域ごとの積雪の深さなどにもよりますが、岩見沢にある当園では高さ80cmに切り戻すようにしています。この作業を行なうことで、翌年以降の芽数が少なくなることを考えると、できるだけ高い位置で枝を残して切りたいですね。また、一律にすべてのバラを切り戻すのではなく、品種や系統よって切る・切らないを判断して、その後の葉むしり、囲いに備えてください。

北海道 バラの育て方|11月 凍害回避!雪囲い前の作業「切り戻し」

作業前。切り戻しを行なう前は、それぞれの株の枝が伸び、高さもばらばら

北海道 バラの育て方|11月 凍害回避!雪囲い前の作業「切り戻し」

作業後。切り戻しを行なった後は、だいたい80cm程度の高さに揃っている

プロフィール


曽根 浩太

酪農学園大学卒業後、地方公務員を経て「いわみざわ公園バラ園」へ勤務。北海道のバラ栽培の専門家・工藤敏博氏(イコロの森)に師事し、バラ園の管理・栽培にあたる。今後の北海道のバラ栽培における専門家の一人。

Instagram iwamizawa_rosegarden

Facebook いわみざわ公園バラ園

HP いわみざわ公園

スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • 洞爺湖の夜を毎日彩る「ロングラン花火大会」10月末まで開催!


  • ガーデン併設のナーセリー「イコロの森」4月21日より春のオープン


  • 北海道 バラの育て方|4月 枝の剪定は春先に行なう!


  • 農と食とガーデン!「十勝ヒルズの庭びらき」4月20・21日開催


  • 大自然の中で馬たちと触れ合える!ノーザンホースパーク夏期営業スタート


  • 豊平公園・春一番の彩り「パンジー・ヴィオラ展」4月9日より