グルメ小樽市(おたるし)おでかけ神社仏閣スタッフブログ
2024/01/04 10:30
「北海道生活」編集長

2024年は辰年!小樽から龍神を訪ねる旅へ。

あけましておめでとうございます!

今年も「北海道生活」をよろしくお願いします。

2024年の干支は辰(龍)年、ということで、龍神をめぐって旅をしてきました。

日本地図は龍のかたち? 北海道が龍の頭に!


2024年は辰年!小樽から龍神を訪ねる旅へ。

日本地図は龍の形に似ているといわれています。

ということで、年賀状用に書いてみたイラスト。
確かに似ているかも。

北海道は龍の頭になるんですね。

開運・出世の神様~小樽「龍宮神社」


2024年は辰年!小樽から龍神を訪ねる旅へ。

「北海道生活」取材の後、プライベートで訪ねてみたのが小樽の龍宮神社。

小樽のメイン通りよりやや西側にある、龍宮通りを南へ、急な坂を登りきった高台にあります。

開拓使として活躍した榎本武揚が、未開の地だった小樽で開拓に励む人々のためにつくった神社。榎本武揚の書や、隕石から造ったという「流星刀」も残されています。

2024年は辰年!小樽から龍神を訪ねる旅へ。

龍神は天に昇っていく姿から、昇運、開運の神様といわれているそうです。

この龍神神社も開運や出世祈願にご利益があるとされています。

2024年は辰年!小樽から龍神を訪ねる旅へ。

運気を上げよう!と、お守りを買ってみました。

こちらは「昇龍吉守」。金色の刺繡がなかなかかっこいい。

2024年は辰年!小樽から龍神を訪ねる旅へ。

こちらは、おみくじ付きの「金龍守」と「銀龍守」。

2024年のラッキーカラーは金と銀、赤だそうなので、セットでいただきました。

ちなみに、おみくじも「大吉」でした♪

北海道から福岡へ、龍神を求めてひとっ飛び!


今度は北海道から福岡へ、龍の頭からしっぽまでをひとっ飛びしてきました。

2024年は辰年!小樽から龍神を訪ねる旅へ。

最強のパワースポットと聞いて向かったのが、「龍の都」と呼ばれる志賀海(しかうみ)神社。

2024年は辰年!小樽から龍神を訪ねる旅へ。

お参りする前には、清め砂を体にふりかけるという、初めての体験もできました。

2024年は辰年!小樽から龍神を訪ねる旅へ。

社務所では「開運龍頭みくじ」とともに、レプリカの「金印」も。

この神社がある志賀島は、小学生時代以来久しぶりに思い出した「漢委奴国王」の金印が発見されたところでもあるのです。

ちなみに、海運の神様ということで、釣り人のための「釣り針守り」というのもありましたよ。

2024年は辰年!小樽から龍神を訪ねる旅へ。

しばらく行くと釣り場があり、さらに進むと、活イカのお店が並んでいました。

北海道の活イカとはちがう! 美しい切れ目に太い脚の立派な活イカをいただきました。

2024年は辰年!小樽から龍神を訪ねる旅へ。

「せっかく福岡まで来てくれたんだから」と地元の方の案内で、さらに神社めぐりはつづきました。

宗像神社は日本最古の神社のひとつ。交通安全、航海安全の祈願で知られています。

2024年は辰年!小樽から龍神を訪ねる旅へ。

「嵐」出演のCMで一躍有名になったという宮地嶽(みやじだけ)神社。

この鳥居の先が海岸へと続き、2月と8月にはその向こうに太陽が輝く「光の道」として知られているとか。一度見てみたいものですね~。

2024年は辰年!小樽から龍神を訪ねる旅へ。

さらに驚かされるのが、日本一の大注連縄! 目の前ではかなりの迫力でした。

2024年は辰年!小樽から龍神を訪ねる旅へ。

この神社にはフクロウの伝説もあるということで、本物のフクロウも二羽いました。

後ろにもう一羽いるので、鏡ではありません。

2024年は辰年!小樽から龍神を訪ねる旅へ。

筥崎宮は勝負運の神様ということで、勝利祈願の絵馬などもたくさん奉納されていました。

2024年は辰年!小樽から龍神を訪ねる旅へ。

とまあ、旅の後半は龍神めぐりというより、神社めぐりを楽しませていただきました。

夜は屋台を見学してみたり、北海道ではなかなか見られない光景も。

昔から、伊勢参りなど日本人の旅は神社めぐりだったように、お参りをしてまわる旅もいいものだと思いました。何より、こうして無事にあちこちへ動けることにこそ、神様に感謝ですね。

みなさまにとっても、昇運の一年でありますように!

(編集長)

===================

小樽のお店や観光、冬のイベントもご紹介

している「北海道生活」冬号(特製MAP付き)

は全国の書店で発売中!


オンライン書店 でもご購入できます

 Yahoo! ショッピング

Amazon.co.jp

Fujisan.co.jp【定期購読サイト】 

===================

2024年は辰年!小樽から龍神を訪ねる旅へ。

スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • 星野リゾート「小樽OMO5」に泊まってみた。


  • やぎさん取材日記|巻頭特集より 小樽~夜景から秘密の花園へ


  • やぎさん取材日記|発売「北海道生活」冬号は小樽・札幌・旭川の旅.etc


  • 北海道・小樽市のホテルで楽しめる“ジビエランチ”


  • OMO5小樽|小樽運河アフタヌーンティークルージングを開催!


  • 「網走流氷観光砕氷船 おーろら」流氷クルーズが3月末まで運航中