札幌市(さっぽろし)おでかけniwacul ガーデニングニュースイベント展示企画
2024/01/20 10:30
niwacul

宝石箱のよう!百合が原公園で「レカンフラワー展」1月23日から

宝石箱のよう!百合が原公園で「レカンフラワー展」1月23日から

札幌市北区・百合が原公園では、「レカンフラワー展~立体的なフラワーアート~」を1月23日(火)~28 日(日)に開催します。
レカン(L'ecrin)とは、フランス語で「宝石箱」を意味する言葉。レカンフラワーは、花や葉を自然の色と形のまま立体乾燥させたものを、退色を食い止める特殊なフレーム内に入れてアレンジした装飾のこと。色彩豊かな花たちが、まるで宝石箱のように長く美しく輝く、新しい楽しみ方です。

レカンフラワー展の今年のテーマは「雪の中に咲く花たち」。厳しい自然の中で一生懸命生きている植物たちの健気な姿には、人の心を明るくするパワーがあります。真っ白い雪の中、そして真っ白い心の中にそれぞれの色の草花を咲かせ、植物のパワーを感じてみてはいかがでしょうか。
北海道は寒さの厳しい季節ですが、めぐる季節を色鮮やかに彩っていた草花の生命力あふれる姿をそのままに楽しめるレカンフラワーをぜひお楽しみください。

宝石箱のよう!百合が原公園で「レカンフラワー展」1月23日から

フレーム作品のほか、ガラスドームやボトル内にレカンフラワーをとじ込めた作品、フラワーキャンドルなども

宝石箱のよう!百合が原公園で「レカンフラワー展」1月23日から

数々の作品が並ぶ「レカンフラワー展」会場の様子

宝石箱のよう!百合が原公園で「レカンフラワー展」1月23日から

レカンフラワーの繊細なデザインの作品も展示

また、最終日には例年好評のレカンフラワーを使った講習会も開催予定。花の少ない冬の時期ではありますが、色彩豊かなレカンフラワーを観て触れて、親しみ、楽しみましょう。

【 レカンフラワー講習会 】

レカンフラワー展最終日の1月28日(日)に、午前と午後で2つのレカンフラワー講習会を開催の予定です。定員は各15名、事前申し込みを受付中!(定員になり次第、受付終了)

レカンフラワーを使ったフラワーフレームづくり

日時:1月28日(日)、 10:30~12:00

定員:15名

料金:2,500円(材料費含む)


レカンフラワーを使った押し花のフラワーフレームづくり

日時:1月28日(日)、 13:30~15:30

定員:15名

料金:2,500円(材料費含む)

宝石箱のよう!百合が原公園で「レカンフラワー展」1月23日から

レカンフラワー講習会の作品。右/フラワーフレーム、左/押し花のフラワーフレーム

百合が原公園「レカンフラワー展」


日程:2024/1/23〜2024/1/28

時間:(営業時間)8:45~17:15

料金:(入場料)高校生以上130円、中学生以下・65才以上の方・障がいのある方は証明書提示で無料

会場名:百合が原公園 百合が原緑のセンター 中温室

住所:北海道札幌市北区百合が原公園210

問合せ窓口:百合が原公園 百合が原緑のセンター

TEL:011-772-3511

WEB:https://yuri-park.jp/

月曜日は休館となります。

百合が原公園

  • 住所/北海道 札幌市北区百合が原公園 210
  • 電話/011-772-3511
  • 営業時間/百合が原緑のセンター 8:45~17:15
  • 定休日/百合が原緑のセンターは月曜休館
  • 駐車場/あり(無料・276台) ※冬期間中はP2駐車場のみ開放(無料・138台)
店舗詳細ページへ

スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • 洞爺湖の夜を毎日彩る「ロングラン花火大会」10月末まで開催!


  • ガーデン併設のナーセリー「イコロの森」4月21日より春のオープン


  • 大自然の中で馬たちと触れ合える!ノーザンホースパーク夏期営業スタート


  • 小樽の超人気猫!気ままなボス猫『ケンジ』写真展12月15日より


  • 農と食とガーデン!「十勝ヒルズの庭びらき」4月20・21日開催


  • 豊平公園・春一番の彩り「パンジー・ヴィオラ展」4月9日より