2024/02/13 12:00
niwacul

「網走流氷観光砕氷船 おーろら」流氷クルーズが3月末まで運航中

「網走流氷観光砕氷船 おーろら」流氷クルーズが3月末まで運航中

オホーツク海に面する網走で、極寒のアムール川からやってきた流氷の中を進む「網走流氷観光砕氷船 おーろら」の流氷クルーズが3月31日(日)まで毎日運航中です。
極東最大の大河、アムール川で発生し網走沿岸まで南下してくる流氷は、厳冬期にのみオホーツク海に現れる自然の奇跡。おーろらの展望台デッキでは氷を砕く音と衝撃を直に感じられ、流氷の迫力を楽しみながらクルーズを堪能できます。また、1階・2階の暖房が効いた暖かい客室船内で、窓から流氷を間近に鑑賞するのも特別な体験です。

「網走流氷観光砕氷船 おーろら」流氷クルーズが3月末まで運航中

氷を砕く音と衝撃、流氷の迫力を感じる

1日3便~最大5便を運航し、2月は不定期で夕方16時45分の臨時便も。LEDライトを施したおーろらが、夕暮れ時のマジックアワーに包まれたオホーツク海を航行します。この昼と夜のはざまの時間は、見上げる空と海面に映る空の色がさまざまな雰囲気に変わり、どの瞬間も目が離せません。ライトアップした船を背景に記念写真もぜひ。(※臨時便は流氷がない日は運休) 詳しい運航スケジュールや予約方法はHPより確認してください。

「網走流氷観光砕氷船 おーろら」流氷クルーズが3月末まで運航中

夕方16時45分の臨時便では、マジックアワーの美しさも堪能

流氷クルーズで運がよければ、流氷の時期とともに顔を見せる野生動物たちにも出会えるかも。アザラシやオオワシなどが氷上で佇む姿との遭遇は貴重な体験です。

「網走流氷観光砕氷船 おーろら」流氷クルーズが3月末まで運航中

野生のアザラシ(右)と、オオワシ(左)。流氷の上で体を休める姿に遭遇することも

「網走流氷観光砕氷船 おーろら」流氷クルーズ


日程:2024年1月20日(土)〜3月31日(日)

料金:中学生以上4,000円、小学生2,000円(団体料金あり)・要予約

会場:道の駅 流氷街道網走/網走流氷観光砕氷船おーろら乗り場

住所:北海道網走市南3条東4丁目5-1

問合せ窓口:道東観光開発 

TEL:0152-43-6000

WEB:https://www.ms-aurora.com/abashiri/ 

運航スケジュール、当日の運航状況などの詳細は上記HPよりご確認ください。

・気象状況により、流氷を必ず見られるとは限りません。流氷がない時は能取岬までの海上遊覧となります。

・各日、予約数が15名以下の場合運休となる事があります。


スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • 冬空が天の川のように!「新篠津天灯祭り」2月23日開催


  • 紋別で感動の流氷体験を!「ガリンコ号 」冬期クルーズ運行中


  • 【北海道 標茶町】人にとっても馬にとっても“もう一つのふるさと”に


  • 雪と氷の村「ふらの歓寒村」が12月23日(土)からオープン!


  • 札幌・滝野公園の冬!12月23日より「滝野スノーワールド」オープン


  • 北海道有数の広大なリゾート、ルスツで過ごすウェルネスな旅