2024/04/17 12:30
北海道生活

ガーデン併設のナーセリー「イコロの森」4月21日より春のオープン

ガーデン併設のナーセリー「イコロの森」4月21日より春のオープン

「イコロの森」ガーデン、ホワイトガーデンエリア

苫小牧市(とまこまいし)にある「イコロの森」は、ガーデンを併設するナーセリー。宿根草やバラなどを中心に、寒冷地に合った花苗や花木を生産・販売しています。今年も、4月21日(日)より2024年春のシーズンオープンを迎えます。「イコロ」とは、アイヌ語で「宝物」という意味。北海道の過酷な環境の中で大切に育ててきた花苗がナーサリーに並びます。

ガーデン併設のナーセリー「イコロの森」4月21日より春のオープン

「イコロの森」ナーセリー。北海道でも寒さに強く丈夫な種類が揃う

また、ガーデンでは、春を待ちわびた花たちも次々と開花を始めます。オープンから5月上旬にはシラーやチオノドクサ、プリムラ、プルモナリア、チシマザクラなど春の花を楽しめます。(天候により開花状況が変動することがあります)
ガーデンの敷地内にあるセレクトショップ「イコロハウス」では、定期的に展示販売企画も開催。4月(オープン)~6月中旬は「北欧の雑貨とヴィンテージ食器」、6月中旬~8月には「涼風緑風(風鈴・ガラス・うちわ等)」、9月~10月は「イコロのお月見(酒器・陶器/読書のお供)」を予定。イコロハウスは入場無料です。

そのほか、4月30日(火)~5月7日(火)に開催の北海道平取町出身のアーティストHanaさんによる絵画個展「束の間。展~Hana~」をはじめ、5月以降も出張販売イベント、写真展、毎年好評の「LOPPIS(ロッピス)」など、さまざまなイベントを予定しています。

ガーデン併設のナーセリー「イコロの森」4月21日より春のオープン

宿根草のボーダーガーデン。4月下旬のオープン時には、春の花々が迎えてくれる

ガーデン併設のナーセリー「イコロの森」4月21日より春のオープン

4月30日~5月7日はHanaさんの絵画個展「束の間。展~Hana~」を開催

イコロの森


日程/夏期営業 2024/4/21~10/31

※期間中は無休

時間/営業時間ガーデン9:00~17:00、ナーサリー10:00~16:00

料金/(有料エリア/入園料)大人800円、小学生以下無料、65歳以上400円

住所/北海道苫小牧市植苗565-1

問合わせ/イコロの森

TEL/0144-52-1562

WEB/http://www.ikor-no-mori.com/


スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • 節目を迎える札幌市民に記念樹(苗木)配布!希望者は応募を


  • 洞爺湖の夜を毎日彩る「ロングラン花火大会」10月末まで開催!


  • 大自然の中で馬たちと触れ合える!ノーザンホースパーク夏期営業スタート


  • いま見ごろ!滝野公園のチューリップ畑へ。イベントは6/2まで


  • 農と食とガーデン!「十勝ヒルズの庭びらき」4月20・21日開催


  • 札幌を舞台に踊り子が躍動「YOSAKOIソーラン祭り」6月5日開幕!