紋別市(もんべつし)北海道移住
2023/10/23 14:00
北海道生活

北海道移住|紋別市 オホーツクの穏やかな気候。子育て世代にも魅力

北海道移住|紋別市 オホーツクの穏やかな気候。子育て世代にも魅力

外で思いきり遊べる大型遊具や、木工教室などを行なう「ものづくりハウス」など、「オホーツク流氷公園」は全天候型施設となっている

移住地として人気が高まる、 オホーツク海沿岸のまち


氷の世界が広がる冬は、気温は低いが穏やかな気候が特徴で、内陸部に比べ積雪量も少ない。冷え込みの厳しい冬の朝には"四角い太陽"など神秘的な光景が見られることもある。夏はオホーツクブルーの海が爽快で、冷涼な過ごしやすい気候も魅力。オホーツク紋別空港から首都圏をつなぐ運行便があり、アクセスのよさからも移住地としての人気も高まっている。
空港から車で約10分のガリヤ地区にはガリンコ号やオホーツクタワー、アザラシランドなど観光施設が集約。中でも昨年オープンした「ゲルキャンもんべつ」は手ぶらでキャンプが楽しめると好評。

地元企業と移住者の、マッチング業務を推進


スポーツ・文化の合宿業務などを通して、まちの魅力を発信している紋別市。市が運営する「紋別市Uターン情報センター」では、地元企業と移住者就職に関するマッチング業務を行なっている。また移住費用をサポートする定着奨励金や奨学金の返還金の一部を助成する定着者奨学金支援制度などを運用している。そのほか5歳児までの保育料、小・中学校の給食費、高校生までの医療費が無償などの制度もあり、子育て世代にやさしいまちになっている。中心部には病院、福祉施設、ホームセンター、大型スーパーなどが集約され、暮らしやすい生活環境が形成されている。

北海道移住|紋別市 オホーツクの穏やかな気候。子育て世代にも魅力

モンゴルの移動式住居「ゲル」を拠点に、BBQやテントサウナを満喫したり、隣接の観光施設に遊びに行くなど、自由なステイが楽しめる

【体験住宅】「おためし暮らし住宅」で、 紋別での暮らしを体感


北海道移住|紋別市 オホーツクの穏やかな気候。子育て世代にも魅力

家具や家電など生活備品を備えた「おためし暮らし住宅」は全10棟を用意

北海道移住|紋別市 オホーツクの穏やかな気候。子育て世代にも魅力

移住希望者向け「おためし暮らし住宅」で 、紋別での暮らしを体感

移住希望者向けの「おためし暮らし住宅」は、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジなどの家電や、ソファ、テーブル、食器類などの家具をそろえており、入居した日からすぐに暮らしを体験できる。令和6年度の予約受付は令和6年1月中旬から開始。冷涼で過ごしやすい夏の紋別の生活を体験してみよう。


・利用料金/1,690円/日~1,950円/日(光熱水費込)
・暖房料/
 10月、5月 250円/日
 11~4月 500円/日
・棟数/10棟(うち市街地6棟)
・利用期間/7~90日(7~9月は最大60日まで)
・ペット同伴/一部可能
・インターネット/利用可能

ACCESS


東京より空路でオホーツク紋別空港まで約1時間45分。空港より車で約15分。

お問合せ


紋別市産業部 商工労働課労政係 
0158-24-2111

https://mombetsu.jp/

スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • 北海道 標茶町で、令和6年度「お試し暮らし住宅」入居者を募集中!


  • 冬空が天の川のように!「新篠津天灯祭り」2月23日開催


  • 紋別で感動の流氷体験を!「ガリンコ号 」冬期クルーズ運行中


  • 北海道 移住インタビュー|十勝の陸別町へ。地域おこし協力隊を経て、起業


  • 北海道移住|清水町 保育園留学受入開始。コミュニティバスも循環


  • 北海道移住|陸別町 天文台や鉄道、多彩な体験ができる。子育てや医療も安心