2023/10/23 15:20
北海道生活

北海道移住|標茶町 酪農業のまち。多様な移住者支援策の強化も

北海道移住|標茶町 酪農業のまち。多様な移住者支援策の強化も

釧路湿原最大の湖である塘路湖をスタートし、釧路川をゆったりとカヌーで下ることができる

広大な大地に育まれた、 酪農のまち“しべちゃ”


東京都の約半分の面積を有し、釧路管内のほぼ中央に位置する酪農業のまち、標茶町。北側には酪農地帯が広がり、南側には釧路湿原国立公園の約45%を占める湿地帯と令和3年に指定された厚岸霧多布昆布森国定公園に囲まれている。
日本最大の湿原である釧路湿原に隣接している塘路地区は空港にアクセスしやすく、写真家やバードウォッチングをする人に人気がある。また、塘路には新しいお店が徐々に増えてきており、標茶の中で最もホットな地区となっている。

起業や新規就農の支援と、 子育てサポートの充実


安心して子育てできる環境づくりに取り組み、保育料の無料化、乳幼児一人につき町内限定の商品券を5万円分給付のほか、大学生まで医療費実質無料の取り組みや、出産にかかる交通費の一部助成も行なっている。さらに新規事業の開設や事業拡大の場合に最大1000万円の支援制度を用意。また、新規就農をめざす人のために、宿泊研修施設や様々な支援も整えている。まちでは今後、移住者支援策を強化していく方針で、分譲地販売や空き家活用、経済的負担軽減策に取り組んでいく予定。

北海道移住|標茶町 酪農業のまち。多様な移住者支援策の強化も

塘路湖は冬期間凍るため、湖の上でワカサギ釣りを楽しむことができる。道具はレンタルもあるので、手ぶらで行けるのもうれしい

北海道移住|標茶町 酪農業のまち。多様な移住者支援策の強化も

塘路駅前で、今年初めて開催されたマルシェイベントの様子

【体験住宅】ログハウスで標茶暮らしを体験


北海道移住|標茶町 酪農業のまち。多様な移住者支援策の強化も

ログハウスで標茶暮らしを体験

都心では手に入らない自然環境が魅力。夏はカヌー、冬はワカサギ釣りを楽しみながら、標茶町でお試し体験移住ができる。

・所在地/川上郡標茶町塘路原野北8線52-16
・交通/釧路空港より車で約40分
・間取り/地上2階・地下1階

ACCESS


東京より空路でたんちょう釧路空港まで約1時間40分、大阪からは約2時間。空港より車で約1時間10分。

お問合せ


標茶町企画財政課 地域振興係 
015-485-2111

https://town.shibecha.hokkaido.jp/

スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • 夏の大地をめぐる|標茶町 森と湖に囲まれ、アウトドアを満喫


  • ふるさと納税|牛・羊の特産品!標茶町は日本有数の酪農大国


  • 北海道 標茶町|塘路地区で自然豊かな暮らし。3つの移住者支援を実施中!


  • 【北海道 標茶町】人にとっても馬にとっても“もう一つのふるさと”に


  • 標茶町で「地域おこし協力隊」募集! めん羊の飼育と魅力づくり


  • 北海道 標茶町で、令和6年度「お試し暮らし住宅」入居者を募集中!