2024/06/25 10:30
星野リゾート

OMO3札幌すすきの|ディープなすすきのに浸かる、幸せな夜更かし(後編)

OMO3札幌すすきの|幸せな夜更かし(後編)

⾷の魅⼒がつまった街「すすきの」を楽しみ尽くす「街ナカ」ホテルの「OMO3札幌すすきの(おも) by 星野リゾート」は「幸せな夜更かし」がコンセプト。

前編では、ホテルで実施されているすすきのの食について学ぶ「アペロミーティング」や老舗料亭と札幌最古の炉端焼き店を巡る「すすきのはしご酒ツアー」についてご紹介しました。この記事では後編として、さらにディープな「すすきのゼロ番地」を開拓するツアーやホテルでの夜更かしにぴったりな情報をお届けします!

・前編はこちら。OMO3札幌すすきの|幸せな夜更かし(前編)

途中離脱 OK! 21 時からすすきのの飲食店を紹介する「すすきのゼロ番地開拓ツアー」


OMO3札幌すすきの|幸せな夜更かし(後編)

OMOレンジャーが案内してくれるのは、50年以上続く札幌最古の地下飲食店街「すすきのゼロ番地」。札幌でも足を運んだことのない人も多いはず。開拓の街である札幌、そしてすすきのの歴史を紐解きながら、歩いているだけではわからない、各店舗の料理や店主のこだわりなどを解説してくれます。ご近所さんを知り尽くした OMOレンジャーと一緒だからこそ楽しく開拓できる、宿泊者限定のガイドツアー。お気に入りのお店を見つけて、幸せな夜更かしを。

OMO3札幌すすきの|幸せな夜更かし(後編)

地下街には、6席前後の小さな飲食店が30店舗ほどずらりと立ち並ぶ

OMO3札幌すすきの|幸せな夜更かし(後編)

ツアー限定の特別メニューが用意されているお店も(写真は、熱燗を楽しめる居酒屋「燗酒肴 晴れる屋」)

すすきのゼロ番地開拓ツアー

期間:通年、日曜日、祝日以外

料金:無料

含まれるもの:OMO レンジャーによるガイド、バッジ

予約:公式サイト(https://hoshinoresorts.com/ja/hotels/omo3sapporosusukino/)にて当日20:00までに予約

場所:集合OMO3札幌すすきの、ツアー行き先 すすきのゼロ番地

時間:21:00~22:00

対象:宿泊者

定員:5 名

備考:仕入れ状況により料理内容や食材の産地が一部変更になる場合があります。


幸せな夜更かしを24時間サポート「OMO Food & Drink Station」


24時間いつでも手軽にドリンクやおつまみ、軽食を購入できるスペース。アペロや晩酌、朝食などさまざまなシーンにぴったりな、食べやすいサイズの商品が幅広く並びます。街歩き前や夜更かしには、札幌クラシックの生ビールやグラスワインも! 朝食では、すすきのにある深夜営業の地元のパン屋さん「夜のしげぱん」のパンも楽しめる。 時間を気にせず過ごせる、幸せな夜更かしをサポートしてくれるのが魅力。

OMO3札幌すすきの|幸せな夜更かし(後編)


「夜更かしとうきびワゴンフェス」8月末まで開催中!

ホテルにある24時間気軽に利用できる「OMO Food & Drink Station」に「夜更かしとうきびワゴン」が登場。専用のブースでは、ジンギスカンのたれやバターなどを使用して、北海道らしい味付けの焼きとうきび(*)を自分でつくれます。そのほかにも、とうきびを使用したオリジナルビールや、とうきびのスナックなど、とうきびにこだわった商品がずらり。とうきびを片手に、夜更かしを満喫して。

*北海道では「とうもろこし」のことを「とうきび」と呼びます。

OMO3札幌すすきの|幸せな夜更かし(後編)

とうきびはおつまみにも丁度いいサイズ

OMO3札幌すすきの|幸せな夜更かし(後編)

札幌の醸造所「月と太陽BREWING」が開発したとうきびが原材料のオリジナルビール

●夜更かしとうきびワゴンフェス

期間:〜2024年8月31日

時間:18:00〜22:00 とうきび商品ととうきびビールは24時間購入可能

料金:1セット700円(とうきび1個・調味料)、とうきびビール700円

場所:OMO Food & Drink Station

定員:なし

予約:不要

対象:宿泊者

備考:仕入れ状況により提供内容が一部変更になる場合があります。Food & Drink Stationチケットが利用可能です。


夜更かしソフトクリームで〆を

OMO3札幌すすきの|幸せな夜更かし(後編)

北海道の牛乳を使ったソフトクリームに、すすきのといえば有名なウィスキーをかけた「夜更かしソフトクリーム」。好みのトッピングをかけて、さらに美味しく仕上げよう。すすきのの夜を楽しんだ後の〆としてもぴったり。


朝食は、ご近所のパン屋さん「夜のしげぱん」のパンを!

OMO3札幌すすきの|幸せな夜更かし(後編)

ひとつひとつ特徴的なネーミングが目を惹くパン

ホテルの近所にある、夕方から早朝まで営業しているパン屋さん「夜のしげぱん」。OMO Food & Drink Stationでは、朝になると、ずらりと「夜のしげぱん」のパンが並びます。その日の気分に合わせて選べるのが嬉しい。

前編・後編とOMO3札幌すすきのでの夜の過ごし方をお届けしました。街をこよなく愛するスタッフが地域の⽅々と仕掛ける新感覚の「街ナカ」ホテル。街を楽しみ尽くす仕掛けが満載です。はじめての場所もOMOレンジャーがいれば心配無用!宿泊して、ディープなすすきのを堪能してみて。

公式サイトはこちら

「OMO(おも)」とは ?


OMO3札幌すすきの|幸せな夜更かし(後編)

「OMO」は星野リゾートが全国に展開する「テンションあがる『街ナカ』ホテル」。街をこよなく愛するスタッフが地域の⽅々と仕掛ける、新感覚のホテル。思いもよらない魅⼒に出会い、知らず知らずのうちにその街までお気に⼊りに。全国で 16 施設を運営中(2024年4月11日時点)。4月11日に開業した「OMO5東京五反田」に続き、6月には「OMO7高知」、7月には北海道4施設目となる「OMO5函館」の開業を予定しています。

OMOをもっと詳しく知りたいなら

数字・アイコンでわかる、サービスの幅


OMO3札幌すすきの|幸せな夜更かし(後編)

OMOのうしろにある数字・アイコンは、サービスの幅を⽰しています。この数字があることで、旅の⽬的や過ごし⽅に合わせて最適なホテルを選ぶことができます。幅広い都市観光の旅をOMOがサポートし ていきます。

OMO3札幌すすきの by 星野リゾート


OMO3札幌すすきの|幸せな夜更かし(後編)

「幸せな夜更かし」をコンセプトに、ドリンク⽚⼿に気軽に参加できる⾷のガイドプログラムや、ご近所の飲⾷店をはしごするツアーなどを開催。幸せな夜更かしを叶える、⾷の魅⼒がつまった街 「すすきの」を楽しむ仕掛けが満載の「街ナカ」ホテルです。

OMO3札幌すすきの(おも) by 星野リゾート

  • 住所/北海道 札幌市 中央区南5条西6丁目14-1
  • 電話/050-3134-8095
  • 営業時間/チェックイン/アウト 15:00/11:00
  • 定休日/- ※メンテナンス休館あり
  • 駐車場/あり 立体駐車場(26台・1泊1,500円 ※先着順・予約不可)
店舗詳細ページへ

スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • OMO3札幌すすきの|幸せな夜更かし(前編)


  • OMO3札幌すすきの|春の訪れを楽しむ「夜更かしとうきびワゴンフェス」


  • OMO3札幌すすきの|スキーヤーのための「夜更かしスキーヤーズルーム」誕⽣!


  • 浦臼産黒毛和牛を味わう!「うらうす夏の味覚まつり」8月4日開催


  • 北海道 人気の旅先|出会いたい一軒① ~富良野エリア


  • 夏の北海道を体感|豊富町 最北の温泉郷・豊富温泉や豊富牛乳が有名!