グルメ池田町(いけだちょう)おでかけサウナスタッフブログ
2023/10/24 17:30
北海道生活
とかち・帯広サウナ旅 ② 十勝まきばの家

とかち・帯広サウナ旅(2)十勝まきばの家

これぞ本当のバレル(樽)サウナ!? 池田町ならではのアレをリメイクしたサウナ


北海道生活12-1月号の 「北海道を感じる旅、スノーシーズンの楽しみ方。」 で紹介された、十勝・帯広エリアの「サウナパスポート」。

1回目では帯広駅にほど近い市街地中心部にある「森のスパリゾート 北海道ホテル」さんで、ホテルでの快適サウナライフを体験。あまりの快適さにずっしりと腰が重くなりつつ、後ろ髪を引かれる思いで別れを告げ、次に来たのが帯広から車でおよそ40分の池田町。
こちらで日本初の物を使った屋外サウナが楽しめるとのことで行ってきました。

池田町といえばワインの町として有名で、小高い丘に建つワイン城はまちのランドマークにもなってます。

とかち・帯広サウナ旅 ② 十勝まきばの家

そんなワイン城から車で約5分程度走った場所にあるのが「十勝まきばの家」。

とかち・帯広サウナ旅 ② 十勝まきばの家

こちらは豊かな自然に囲まれた中に全7棟の一棟貸切コテージに泊まれる宿泊施設で、敷地内にはカフェレストラン、屋内&屋外のドッグランなどを併設。広大な十勝平野を見下ろすロケーションでゆったりとした時間を過ごすことができます。


そして2021年7月に誕生した、日本初のサウナというのがこちら!

とかち・帯広サウナ旅 ② 十勝まきばの家

池田ワイン城で実際にワインの熟成樽として使われていたものを再利用した「ワイン樽サウナ」です。この樽は、実際に1988年から2015年までの27年間、毎年1万本のワインを熟成し続けたもので、その大きさは8,000Lのものが2つ、7,000Lのものが1つの合計3つ。

写真ではその大きさがちょっとわかりづらいので、アテンドしてくれた帯広観光コンベンション協会・草森さん(前回記事ではすっかり登場させそびれてました)にもいっしょに写真に入ってもらいました(笑)

とかち・帯広サウナ旅 ② 十勝まきばの家

ついでにまだ温めていない樽の中にも。

とかち・帯広サウナ旅 ② 十勝まきばの家

定員は樽1つあたり3名までだそうですが、大人3人入ってもそれほど窮屈には感じません。


樽の外側にはワイン城で使用されていた時のシールがそのまま残されています。

とかち・帯広サウナ旅 ② 十勝まきばの家

それでは早速温めてあるワイン樽サウナ入ってみましょう。
扉を開けるとすでにほんのりワインの香りが。

とかち・帯広サウナ旅 ② 十勝まきばの家

窓をのぞくと、秋晴れの空と十勝の自然が目に入ります。

とかち・帯広サウナ旅 ② 十勝まきばの家

少し温まってから、お待ちかねのロウリュタイム。
サウナストーンに水を回しかけていくと・・・

とかち・帯広サウナ旅 ② 十勝まきばの家 とかち・帯広サウナ旅 ② 十勝まきばの家

樽に蒸気が広がっていくにつれ、さらにワインの香りも樽いっぱいに広がります。


アロマ水などを使わうことなく、香りに癒されながらじっくりと温まっていきます。


そして10分後。充分に汗が噴き出してきたところで樽を脱出!
ここで屋外サウナの醍醐味のひとつ。水風呂に入るよりも先に、一旦直で大自然の空気に触れられること。これがとてつもなく気持ちよいのです。


そして水風呂へ。

とかち・帯広サウナ旅 ② 十勝まきばの家

実は水風呂も実際の貯蔵樽だったそうで、500L入り。ちょうど一人で入るのにピッタリなサイズです。
ちなみに樽の内側にあるほんのり白みがかった部分は、ワインを貯蔵している時にできる結晶で、すこしずつ水に溶けることで、水風呂でもワインの香りを感じられます。

とかち・帯広サウナ旅 ② 十勝まきばの家

・・・と、今回はここでは終わりません。
サウナを存分に楽しんだ後は、同じ敷地内にあるレストランへ。
こちらでおすすめのサウナドリンクとサウナ飯があるということで、いただいてみたいと思います。


まずはサウナでカラカラに乾いたのどを潤すサウナドリンクを。

とかち・帯広サウナ旅 ② 十勝まきばの家

無塩の自家製ミニトマトジュースを炭酸で割った「まきばのトマトソーダ」。
ミニトマトジュースがとても濃厚なので炭酸で割るとちょうどさらっとした呑み心地。
塩や砂糖は無添加で、トマト本来の甘みを感じるヘルシーなサウナドリンクです。
「オロポ」とはまた一味違ったここならではの一杯でした。


サウナドリンクで一息ついた後は、いよいよお待ちかねのサウナ飯です。

どんっ!

とかち・帯広サウナ旅 ② 十勝まきばの家

「やばいサイズのまきばチーズバーガー」!!
ふざけてません、メニュー名です。


こちら、元SM〇Pの木村さんが良く「みっけ」る某バーガー屋さんの6倍以上となるお肉の量のハンバーグを挟んでいる「やばい」やつです。
しかも、単にボリュームがあるだけでなく味も抜群。大きな口をあけて、バンズと一緒にかぶりつくと「がっつりお肉」からあふれる肉汁と一緒に挟まれているチーズ、そして自家製トマトソースとの相性がぴったり。


ボリュームが気にならないくらいペロリと完食いたしました。
ごちそうさまでした。


最後に、今日は泊まらないのですが宿泊用のコテージのほうも見せてもらいました。
ツインベッドの部屋には、エアコンや暖房、シャワールームが完備されています。
また、コテージ本体に隣接しているガゼボという食事専用棟ではBBQなど食事を楽しむことができます。

とかち・帯広サウナ旅 ② 十勝まきばの家

お部屋にはハンモックが設置されているのもうれしい

とかち・帯広サウナ旅 ② 十勝まきばの家

・・・ってかおい、ハンモックに何かいるぞ。アテンドはどうした???
すみません、演出です。草森さんに協力してもらって乗っていただきました。ありがとうございました。

十勝まきばの家


〒083-0002 北海道中川郡池田町清見144
TEL:015-572-6000

●十勝まきばの家 森のカフェレストラン
営業時間 11:00~17:00
定休日 毎週火曜日(GW、お盆は営業)

https://makibanoie.com/

スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • 「さっぽろテレビ塔」で美食フルコース!


  • 2024年は辰年!小樽から龍神を訪ねる旅へ。


  • 「OMO7旭川」から「リゾナーレトマム」へ、星野リゾート満腹の旅


  • やぎさん取材日記|巻頭特集より 旭川~路地裏めぐりとグルメ


  • やぎさん取材日記|巻頭特集より 札幌~狸小路を探検してみた


  • 星野リゾート「小樽OMO5」に泊まってみた。