特集

安平町(あびらちょう)

子どもたちの未来のために
よりよいまちづくりを推進

p81abira1

町営分譲住宅地「ラ・ラ・タウン・おいわけ」。地中に電柱が埋められ、緑豊かで美しい景観を実現。

 新千歳空港や苫小牧港など北海道の空と海の玄関口に隣接し、首都圏へのアクセスも良好。軽種馬産業が盛んで、数々の名馬が広大な草原を駆けまわった。
 まちでは、子育て・教育分野に力を注ぎ、子どもの自主性と創造力、自己肯定感を最大限に発揮するための様々な事業を展開。これらを実践する認定こども園は、全国から注目を浴びている。令和4年度にはICT(情報通信技術)を取り入れた小中一体型の学校が開校予定で、まちに新たな活気が生まれそうだ。
p81abira2

町内には牧場が点在し、中には乗馬を楽しめる施設もある。

安平町政策推進課

電話番号:

0145-22-2751

アクセス:

東京より空路で新千歳空港まで約1時間30分。空港より車で約20分。札幌より車で約1時間。苫小牧港フェリーターミナルより車で約25分。

Topic
地方にいながら、
質の高い教育機会が充実


安平町には、二つの子ども園があり、全国に先駆けて公私連携・幼保連携により、「公」の安全の提供と、「私」の質の高い保育・教育を融合させて新しい形の教育を提供。また、園庭や室内環境を充実させることで子ども達が主体性をもって遊びこめる環境を整えている。