2024/06/11 10:30
星野リゾート

OMO5小樽|泊まって、体験して、知る。港街、小樽を満喫する滞在

OMO5小樽|泊まって、体験して、知る。港街、小樽を満喫する滞在

⼩樽を楽しみ尽くす、テンション上がる「街ナカ」ホテル「OMO5⼩樽(おも)by星野リゾート」は、「ソーラン、⽬覚めの港町」をコンセプトに、港町「⼩樽」の知られざる歴史や⽂化、⾷の魅⼒を届け、⼩樽の街を楽しみ尽くす滞在を提案してくれるホテルです。⼩樽市指定歴史的建造物をリノベーションしたレトロな建物に泊まりながら、アクティビティや宿泊者限定のコンテンツを体験して、⼩樽の新たな⼀⾯を再発⾒しよう。

⼩樽運河のクルージングは人気の観光スポット


小樽ビールと「かま栄」のかまぼこを船上で楽しむ「小樽運河ビアクルージング」 

⼩樽運河は、年間16万⼈がクルージングを利⽤する⼈気観光スポット(*)。OMO5⼩樽では、この⼩樽運河の“新しい楽しみ⽅”として、秋は船上でワイン、冬はこたつ付きの船を運行するなど、季節ごとに異なるプログラムが提供されています。
夏はビールがより一層美味しく感じる季節。歴史的建造物を眺めながら小樽では外せない「かま栄」のかまぼこと、小樽ビールのペアリングを堪能してほしい。

*データ参考:2019年利⽤者⼈数 合同会社⼩樽カナルボート 提供

OMO5小樽|泊まって、体験して、知る。港街、小樽を満喫する滞在

特別仕様にテーブルやクッションが設えられた、宿泊者限定の船で優雅に過ごせる

OMO5小樽|泊まって、体験して、知る。港街、小樽を満喫する滞在

地元民にも愛される「かま栄」のかまぼこは全5種類。小樽ビールがそれぞれのよさを引き立てる

●「小樽運河ビアクルージング」

期間:2024年7月6日〜8月31日の土・日曜日

料金:1名 6,000円(税込)

含まれるもの:小樽運河クルージング、ビール3本×かま栄のかまぼこ5種のペアリングセット

時間:16:40〜17:40(小樽運河までの移動時間含む、運航時間17:00〜17:40)

定員:16名

予約:公式サイトにて前日15:00まで受付(https://hoshinoresorts.com/ja/hotels/omo5otaru/

対象:宿泊客

備考:提供するメニューは、仕入れ状況により変更になる可能性があります。悪天候の場合は、催行中止となる場合があります。


【協⼒】合同会社⼩樽カナルボート

北海道の⽞関⼝として栄えた港町・⼩樽の観光を代表する⼩樽運河。2012年から⼩樽運河でのクルージングを開始しました。個性あふれるキャプテンが案内し、歴史とロマンの街である⼩樽の魅⼒を伝えています。


夜は、アンティークオルゴールとオイルランプの灯りに癒されて


「灯る小樽ナイトラウンジ」でローカルグルメも楽しむ

OMO5小樽は、旧小樽商工会議所をリノベーションした施設。歴史的建造物をリノベーションした空間にオイルランプを灯し、アンティークオルゴールの生演奏も楽しめます。このレトロな空間では、近隣飲食店の人気メニューをアレンジしたオリジナルプレートがこの春登場。 朝の港町にとどまらない、夜の小樽らしい贅沢な過ごし方を体験して。

OMO5小樽|泊まって、体験して、知る。港街、小樽を満喫する滞在

小樽の老舗「北一硝子」のオイルランプが灯る。あたたかい炎のゆらぎを眺めながら優雅に過ごせる

OMO5小樽|泊まって、体験して、知る。港街、小樽を満喫する滞在

【協力】オルゴール堂/100年以上前に制作されたアンティークオルゴール。古くから活躍してきた、ディスクオルゴールの音色を楽しんで

OMO5小樽|泊まって、体験して、知る。港街、小樽を満喫する滞在

「おたる満喫プレート」はその土地に根付いた 食材や商品を、少しずつ贅沢に堪能できる。お皿は、小樽のガラス工房「KIM GLASS DESIGN」が制作したオリジナルのもの

●「灯る小樽ナイトラウンジ」

期間:通年

時間:20:00〜23:30(23:00ラストオーダー)

*アンティークオルゴールは営業時間中、約30分おきに演奏

場所:OMO5小樽 by 星野リゾート 南館3階 OMOカフェ&バル

料金:入場無料、「おたる満喫プレート」ドリンクセット 1,650円(3種盛り/ドリンク1杯付き)、ア

ラカルトメニュー 600円〜、ドリンクメニュー 650円〜(いずれも税込)

予約:不要

対象:宿泊客

備考:メニューは季節や仕入れ状況により変更になる可能性があります。


ご近所アクティビティで小樽の朝を満喫!


小樽とスペインが融合した朝食を堪能

OMO5小樽|泊まって、体験して、知る。港街、小樽を満喫する滞在

南館の3階に位置する「OMO カフェ&バル」は、旧小樽商工会議所の大会議室だった場所を改装した天井高5メートルの開放的な空間。歴史的建造物に宿泊するスペインの旅行文化と、海の幸を活かした料理が多いスペイン料理から着想を得た料理が並びます。スペイン料理の定番であるチュロスやトルティージャ(スペイン風オムレツ)を目の前で仕上げて提供してくれるサービスも。

●朝食ビュッフェ

時間 :7:00〜10:00(ラストオーダー9:30)

料金:1 名 2,300 円(税込)

対象:宿泊客

予約:不要


朝の堺町通りさんぽ

OMO5小樽|泊まって、体験して、知る。港街、小樽を満喫する滞在

築110年の日本銀行旧小樽支店など、明治、大正からの歴史的建造物が立ち並ぶホテル~堺町通りの道を、OMOレンジャーが見どころだけをギュッと詰め込んで案内してくれます。観光客が少ない朝の時間から活気あふれる港町で、ガラス工房や洋菓子名店にも立ち寄ってお土産選びや朝スイーツも堪能しよう。

●「朝の堺町通りさんぽ」
期間:通年
料金:無料
対象:宿泊客
時間:①9:30~10:30、②10:00~11:00
予約:前日までに公式サイト(https://hoshinoresorts.com/ja/hotels/omo5otaru/activities/)で受付


小樽洋菓子舗 LeTAO(ルタオ)とのコラボレーションスイーツ「目覚めのフロマージュパルフェ」

OMO5小樽|泊まって、体験して、知る。港街、小樽を満喫する滞在

宿泊者限定で楽しめる〆パフェならぬ、「朝パフェ」! ヨーグルトやナタデココなどの発酵食材と、スーパーフルーツ「ハスカップ」「アロニア」を使用した、朝にぴったりのパフェです。フロマージュクリームやマスカルポーネブリュレ、生クリームなど、ルタオオリジナルのクリームも使用され、堺町通り商店街の「ルタオパトス」の専用スペースで味わえます。

●「目覚めのフロマージュパルフェ」

期間:通年

料金:単品 1,650 円、ドリンク付 1,870 円(いずれも税込)

時間:10:00~12:00

場所:ルタオパトス

対象:宿泊客

備考:仕入れ状況により料理内容や食材の産地が一部変更になる場合があります。(1日40食限定)


【参考】⼩樽洋菓⼦舗「LeTAO(ルタオ)」

「NorthernSweetsManner-北の⼤地に根ざしたお菓⼦を全国へ届けたい。」という想いのもと、1998年に北海道・⼩樽に誕⽣した洋菓⼦舗。創業当時から多くの⽅に愛されている「ドゥーブルフロマージュ」や「ロイヤルモンターニュ」など、北海道産の素材や製造⽅法にこだわりを持ったお菓⼦を提供しています。https://www.letao.jp/


・OMO5小樽 公式サイトはこちら

「OMO」とは?


「OMO」は星野リゾートが全国に展開する「テンションあがる『街ナカ』ホテル」。街をこよなく愛するスタッフが地域の⽅々と仕掛ける、新感覚のホテル。思いもよらない魅⼒に出会い、知らず知らずのうちにその街までお気に⼊りに。全国で 16 施設を運営中(2024年4月11日時点)。4月11日に開業した「OMO5東京五反田」に続き、6月には「OMO7 高知」、7月には北海道4施設目となる「OMO5函館」の開業を予定しています。

OMO5小樽|泊まって、体験して、知る。港街、小樽を満喫する滞在

数字でわかる、サービスの幅


OMOのうしろにある数字は、サービスの幅を表しています。この数字があることで、旅の目的や過ごし方に合わせて最適なホテルを選ぶことができます。幅広い都市の旅をOMOがサポートしていきます。

OMO5小樽|泊まって、体験して、知る。港街、小樽を満喫する滞在

OMO5⼩樽(おも)by 星野リゾート


多くの歴史的建造物が並ぶ「北のウォール街」と呼ばれたエリアに建つ街ナカホテル。「ソーラン、⽬覚めの港町」をコンセプトに、港町「⼩樽」の知られざる歴史や⽂化、⾷の魅⼒を届けることで、⼩樽の街を楽しみ尽くす滞在を提案しています。⼩樽市指定歴史的建造物をリノベーションしたレトロな建物に泊まりながら、⼩樽の新たな⼀⾯を再発⾒できます。

OMO5小樽(おも) by 星野リゾート

  • 住所/北海道 小樽市色内 色内1-6-31
  • 電話/050-3134-8095
  • 営業時間/チェックイン/ アウト 15:00/11:00
  • 定休日/- ※メンテナンス休館あり
  • 駐車場/あり 提携駐車場(33台・1台1泊850円 ※先着順・予約不可)
店舗詳細ページへ

スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • 春夏の積丹 絶景旅!魅惑のシャコタンブルーと食の宝庫


  • 道南・東北をめぐる|八戸市 多様な文化遺産、自然と海が自慢のまち


  • 道南・東北をめぐる|江差町 五月の江差は、ニシンの繁栄が息づく


  • 道南・東北をめぐる|乙部町 美しい自然と、食も文化も見どころ満載


  • 道南・東北をめぐる|上ノ国町 廃校を活用「ワイナリー」をオープン


  • OMO5小樽|小樽運河アフタヌーンティークルージングを開催!