2024/06/23 15:16
「北海道生活」編集長

やぎさん取材日記|ワイナリーの島、北海道の南・奥尻島へ。 

やぎさん取材日記|北海道の南・奥尻島へ。 

北海道の離島で南側にある奥尻島(おくしりとう)は、ワイナリーのある島として知られています。

かつて南西沖地震の津波で甚大な被害に遭い、ブドウを植えるところから始めた「奥尻ワイナリー」。

近年とくにワインの評価が高まっており、ワイン好きにとってはワイナリーめぐりも楽しみですが、いま奥尻島では新しい魅力が次々と発見されています。

まるで南国の島!奥尻島でSUPを楽しむ。


やぎさん取材日記|北海道の南・奥尻島へ。 

果てしなく広がる紺碧の海!

奥尻ブルーとも呼ばれる美しい海が、ここが北海道であることを忘れそうです。

奥尻ゲストハウス「imacoco」ではSUP(サップ)体験ができ、プロのアウトドアガイド外崎さんが安全な海遊びを楽しませてくれます。

やぎさん取材日記|北海道の南・奥尻島へ。 

目の前は海、そして後ろを振り返ると、そこには深い森が。

「ブナ林ガイドツアー ~ハンモックCafeで奥尻タイムを~」では、マイナスイオンたっぷりの森林浴で心も体も癒されます。

やぎさん取材日記|北海道の南・奥尻島へ。 

夕方になると美しい夕日が姿を見せます。

結局この日は、外崎さんと夜の星空まで見に行きました。

南国気分でいたら、そこはやはり北海道。上着を忘れて寒さにふるえてしまいましたが、それでも満天の星はとってもきれいでした。

→ 奥尻ゲストハウス imacoco のHPはこちら

やぎさん取材日記|北海道の南・奥尻島へ。 

流政之の彫刻「北追岬」は、夜になると独特の存在感を放つ。

やぎさん取材日記|北海道の南・奥尻島へ。 

奥尻島も6月からお盆くらいまではウニのシーズンとなります。

食堂「さくらばな」でウニ丼を撮影したら、おかずに付いていたイカの酢漬けがとっても美味しかった!

奥尻島でもいくつかのグルメやおみやげを取材したのですが、感動したのは島のお母さんのあたたかさと、お母さんがつくるおかずの美味しさ。

お母さんたちに「写真を撮らせてください」といっても「絶対いやだー」というので、雑誌ではお一人しかOKがもらえませんでしたが、奥尻島に行ったらぜひ、あちこちでがんばっているお母さんたちに会ってみてくださいね。


離島の旅、フェリーターミナルの楽しみ方。


やぎさん取材日記|北海道の南・奥尻島へ。 

さて奥尻港フェリーターミナルの2階には、イタリアンが味わえる「Bella Vista(ベラヴィスタ)」があります。

港のそばでペスカトーレをいただけるなんて、うれしいです! ウニの時期にはウニのパスタも出るそうなのでお楽しみに。

こちらではマリンスポーツや海鮮BBQなども企画しているので、ぜひ問い合わせてみてください。

→ Bella Vista のHPはこちら

やぎさん取材日記|北海道の南・奥尻島へ。 

同じく2階には「辻みやげ店」があり、おみやげや島の海産物はもちろん、奥尻ワインや奥尻の日本酒などもしっかりそろえた“奥尻の百貨店”。

奥尻ワインアイスを買って、フェリーに乗りました。

ほんのりワインが香って、奥尻の取材の長い一日をゆっくりと思い出しながら、「ああ、また行きたいなあ」とすでに望郷の念が湧いてきました。

フェリーで行く奥尻島の旅、函館からは飛行機で飛んでいくこともできますので、それぞれのスケジュールに応じて楽しんでみてくださいね。


やぎさん取材日記|北海道の南・奥尻島へ。 


(「北海道生活」編集長)


※この記事は北海道生活」本誌2024年夏号より一部転載しています。



===================

「北海道生活」は全国の書店で発売中!

オンライン書店 でもご購入できます

Yahoo! ショッピング

Amazon.co.jp

Fujisan.co.jp【定期購読サイト】 

===================


スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • 6月3日発売!「北海道生活」夏号は、離島の旅&北海道リゾート特集!


  • やぎさん取材日記|羊のいる焼尻島・海鳥の聖地・天売島へ。 


  • やぎさん取材日記|利尻島で最北のラーメン、礼文島で幻の花に出会う。 


  • 道南・東北をめぐる|上ノ国町 廃校を活用「ワイナリー」をオープン


  • 道南・東北をめぐる|七飯町 函館市に隣接!あふれるフロンティア精神


  • 「網走流氷観光砕氷船 おーろら」流氷クルーズが3月末まで運航中