2024/07/04 12:58
「北海道生活」編集長

7/6(土)OPEN!「OMO5 函館 by 星野リゾート」

2024年7月6日(土)、函館に新しいホテル「OMO5 函館(おも) by 星野リゾート」がオープンします!

というわけで、一足先に内覧会へ行ってきました。

7/6(土)OPEN!「OMO5 函館 by  星野リゾート」

場所は函館駅より徒歩5分。

以前「北海道生活」でご紹介した「瀧澤商店」のすぐ近くです。

前に停まっているのは宿泊者限定「函館ぐるぐるフリーバス」といって、五稜郭やロープウェイなどを回ってくれる便利なバスなんです。

車がないと動きづらいという方には、ありがたいサービスですね。

7/6(土)OPEN!「OMO5 函館 by  星野リゾート」

フロントにはオリジナルのステンドグラスが!

海から函館山へと視線を上げていくと、市電に塩ラーメンという函館だらけなイラストが楽しいです。

7/6(土)OPEN!「OMO5 函館 by  星野リゾート」

ロビーとなる「OMOベース」でも、柱に「OMO」とステンドグラスがありました。

テーブル席やソファ席など、さまざまな席があって気持ちよさそう!

7/6(土)OPEN!「OMO5 函館 by  星野リゾート」

サウナみたいと思った場所には、三角のクッションが。

お風呂上がりにここへ来たら、体ごと吸い込まれそうだなあ。

7/6(土)OPEN!「OMO5 函館 by  星野リゾート」

寝そべったり、靴を脱いであがったり、好きな時間にまったりできそうです。

この外には、夜ともなれば大人が楽しめるラウンジがありました!


OMO初の温泉と「アフター夜景」のお楽しみ


函館といえば夜景という方も多いと思いますが、
夜景を見終わった後、「OMO5 函館」では温泉につかって、その後も楽しめる「アフター夜景」が充実しています。

7/6(土)OPEN!「OMO5 函館 by  星野リゾート」

「OMO5 函館」は全国のOMOブランドの中でも初めての天然温泉付きホテル!

露天風呂にも内風呂にも源泉かけ流しの温泉があるんですよ。

7/6(土)OPEN!「OMO5 函館 by  星野リゾート」

実は函館は温泉天国で、銭湯も温泉というくらいなので、市内のホテルには天然温泉付きというのが多いのです。

温泉に恵まれた函館ならではの「温泉+OMO」が誕生したわけですね。

7/6(土)OPEN!「OMO5 函館 by  星野リゾート」

そしてサウナーにも朗報!サウナも付いています。

7/6(土)OPEN!「OMO5 函館 by  星野リゾート」

スチームサウナも付いています。

7/6(土)OPEN!「OMO5 函館 by  星野リゾート」

お風呂上がりには、「海灯りの湯上がりラウンジ」へ。

テーブルには犬のリードをつなげられるようになっていまして、ホテルにはペットOKの客室もあるそうなので、わんこと一緒に夕涼みもできます。

7/6(土)OPEN!「OMO5 函館 by  星野リゾート」

あかあかと灯される火を眺めながら、夜ともなればジャズ喫茶マスター厳選のレコードがかけられるという大人の雰囲気に。

7/6(土)OPEN!「OMO5 函館 by  星野リゾート」

OMOベース内にある「OMOカフェ&バル」では、お風呂上がりにくつろげるメニューを用意。

7/6(土)OPEN!「OMO5 函館 by  星野リゾート」

こちらも「北海道生活」春号でご紹介したばかりの「ozigi」のクラフトビールと「小田島水産」のイカ塩辛食べくらべセットが登場。

取材の記憶も新しいので、「OMO5 函館」との不思議なご縁を感じてしまいました。

7/6(土)OPEN!「OMO5 函館 by  星野リゾート」

「OMOカフェ&バル」はオールデイダイニングなので、五島軒のアップルパイを使ったジェラートや、特製の〆パフェなど、ほかにもたくさんのメニューを用意していますよ。

長期滞在用もある、客室は全12タイプ


7/6(土)OPEN!「OMO5 函館 by  星野リゾート」

「OMO5 函館」の客室は12タイプもあり、床には赤レンガのじゅうたん、カーテンなどファブリックは海の青色、壁には夜景と、函館を感じさせるものばかり。

7/6(土)OPEN!「OMO5 函館 by  星野リゾート」

長期滞在用の「OMOハウス」というお部屋もあります。

7/6(土)OPEN!「OMO5 函館 by  星野リゾート」

こちらは2ベッドルームあって、ファミリーや気の置けないグループに便利。

7/6(土)OPEN!「OMO5 函館 by  星野リゾート」

キッチン、冷蔵庫、洗濯機まで備えられていて、じっくりと滞在したい方におすすめです。

7/6(土)OPEN!「OMO5 函館 by  星野リゾート」

ちなみに、部屋のどこかに函館名物のイカがあります。

泊まった方は、いくつ見つけられるかお楽しみに!


函館ホテル朝食戦争に参戦!「OMO5 函館」こだわりの朝食


いま函館のホテルで朝食戦争といわれているのはご存じでしょうか?

グルメな北海道の中でも、函館のホテルでは朝食ブッフェのクオリティがものすごく高く、お互いがしのぎを削ってレベルアップするという、お客さんには楽しみな(ホテルの方々は大変な)朝食戦争が繰り広げられているのです。

ここに「OMO5 函館」が参戦!しかも「数や量で勝負するのではなく、中身で勝負したい!」と満を持しての朝食を用意しています。

7/6(土)OPEN!「OMO5 函館 by  星野リゾート」

この日はお披露目の記念に、新鮮な魚介がどーん!

7/6(土)OPEN!「OMO5 函館 by  星野リゾート」

野菜やくだものがどーん!とディスプレイされていました。

7/6(土)OPEN!「OMO5 函館 by  星野リゾート」

ブッフェのお料理は、こちらからは見えませんが、なんと五稜郭の形をしたカウンターに並べられているのです。

7/6(土)OPEN!「OMO5 函館 by  星野リゾート」

あの有名な阿部商店の「いかめし」もブッフェに登場!

これだけでも、おなかいっぱいになりそうですが……

7/6(土)OPEN!「OMO5 函館 by  星野リゾート」

おすし、海鮮丼、塩ラーメンにはホッキのひもがトッピング、一人用の炉端焼きなど、クオリティ重視の料理がずらり。

7/6(土)OPEN!「OMO5 函館 by  星野リゾート」

しかも海鮮丼のうつわも五稜郭のかたち!

スタッフの方々の函館愛が感じられます。

7/6(土)OPEN!「OMO5 函館 by  星野リゾート」

これだけではありません。

レストランの天井からは、漁業の網をイメージした照明が掲げられていて……

7/6(土)OPEN!「OMO5 函館 by  星野リゾート」

こちらではイカ釣り漁船の灯りをイメージした照明も。

7/6(土)OPEN!「OMO5 函館 by  星野リゾート」

壁に掲げられているのは、イカ墨を使ったアートだそうです。

こういったところにも、とことん函館!を追求しているホテルなのだなあと感動しました。


「OMO5 函館」のOMOレンジャーと地元の市場へ♪


さて「OMO」シリーズでおなじみといえば、OMOレンジャーのみなさんによる街歩きガイド。

「北海道生活」本誌でも、旭川OMO7、小樽OMO5、札幌OMO3、と紹介させていただき、「函館ではOMOレンジャーさんにどこへ連れて行ってくれるのだろう?」と興味津々です。

7/6(土)OPEN!「OMO5 函館 by  星野リゾート」

今回ご案内いただいたOMOレンジャーは、ホマちゃん。

ホマとはアイヌ語で魚卵という意味だそうで、魚卵が大好きだからと自分で名付けたそうです(笑)

函館のことをたくさん勉強していて、街歩きしながら地元の歴史やまわりのようすを教えてもらえるので、OMOレンジャーとの街歩きは宿泊者だけの特権です。

7/6(土)OPEN!「OMO5 函館 by  星野リゾート」

ホマちゃんに連れて行ってもらったのが、市民の台所といわれる「はこだて自由市場」。

函館の朝市は知っていても、実はあまり知られていない小さな市場です。

イカの専門店など、いろんなお店が入っていて、お店の人たちもみんなやさしい! こうして、地元の人とふれあえるのもOMOレンジャーのご案内のおかげです。

7/6(土)OPEN!「OMO5 函館 by  星野リゾート」

新鮮なイカをお刺身で試食させてもらったら、あまりの美味しさに声を上げてしまいました!

気に入った魚介があれば発送してもらえたり、市場内のほかのお店の商品とまとめてもらえたり、「観光客にもとっても親切な市場なんですよ」と教えていただきました。

7/6(土)OPEN!「OMO5 函館 by  星野リゾート」

ちなみに、「OMO5 函館」のショップにあるオリジナルグッズにも、イカのキーホルダー、そしてコンブのしおりが。

「百二十%ハコダテ」をコンセプトに、函館を徹底的に楽しめる「OMO5 函館」は、函館のまちが大好きになれるホテルだなあと思いました。

7/6(土)OPEN!「OMO5 函館 by  星野リゾート」

フロントの隣には宿泊者が無料に使えるコインロッカーも。

たくさん食べて、たくさんお買い物をして、ちょいと預けて、さらに函館のまちを楽しくめぐってみてくださいね!

(「北海道生活」編集長)


OMO5 函館(おも)by 星野リゾート

住所:函館市若松町24-1

TEL:050-3134-8095(OMO予約センター)

公式HP:https://hoshinoresorts.com/ja/hotels/omo5hakodate/


===================

「北海道生活」は全国の書店で発売中!

オンライン書店 でもご購入できます

 Yahoo! ショッピング

Amazon.co.jp

Fujisan.co.jp【定期購読サイト】 

===================


スマホへのインストールはこちらから

おすすめ


  • OMO5函館|函館を120%楽しみ尽くすホテルが開業!


  • ここがすごい! 地下フロア「ココノ・マルシェ」


  • 1月16日すすきのにOPEN!SAPPORO STREAM HOTEL


  • 札幌近郊の当別町で「亜麻カフェ2024」7月開催中。お店を訪ねてみた!


  • 青森屋|夏を満喫する風物詩「しがっこ金魚まつり」


  • リゾナーレトマム|「雲海リトリートステイ」でリフレッシュ