特集

樹齢100年の桜が咲く
歴史のロマンを感じるまち

morimachi_001

北海道最大のストーンサークルがある「鷲ノ木遺跡」。直径3m、約600個の石が並んでおり、環状列石や、同じストーンサークルのある東北地方との交流など、縄文文化を物語る貴重な遺跡。

 渡島半島にそびえる駒ヶ岳のふもとに広がる森町は自然と食に恵まれたまち。大正3年に開設された「青葉ヶ丘公園」や「オニウシ公園」はソメイヨシノが群生する北限といわれ、中でもおよそ樹齢100年の「百年桜」が咲く圧巻の姿が有名。5月の「桜まつり」には道内外から多くの見物客が訪れる。幕末の戊辰戦争の跡や縄文時代の遺跡など貴重な史跡も数多く残り、歴史ロマンあふれるまちでもある。
morimachi_008

古くから湯治場として利用され、今も情緒あふれる宿が点在する濁川温泉郷。

森町商工労働観光課

電話番号:

01374-7-1284

ロングステイ情報
森町には、ゆったりと過ごせる温泉や宿泊施設が充実している。アクセスのよさがポイントの「駅前エリア」、温泉を楽しみたいなら「濁川エリア」、リゾート気分を満喫できる「砂原~駒ヶ岳エリア」など、滞在したいスタイルに合わせて、森町にのんびり滞在しよう。

もりまち長期滞在ビジネス研究会
事務局:森町役場 商工労働観光課
住所:茅部郡森町字御幸町144-1
電話:01374-7-1284
FAX:01374-2-3244
http://www.town.hokkaido-mori.lg.jp