特集

ホーム > vol.62(1712-1801号) > 冬の雪遊びと温泉紀行 > 野付半島 ネイチャーセンター

野付半島 ネイチャーセンター

冬の野付半島で楽しむ
様々なアクティビティ

078nemuro03

1~3月中旬まで見ることができる「氷平線(ひょうへいせん)」。世界の絶景「ウユニ塩湖」のような、どこか不思議で魅力的な景色が広がる。

 日本最大の砂の半島である野付半島は、全長約26㎞の細長い地形で両側に海が見られることから「北の天の橋立」とも呼ばれている。厳冬期には野付湾が結氷し、氷の平原が出現。古来より氷に穴を開けて漁を行なう「氷下待ち網漁」が知られていたが、2016年から氷の平原に広がる大パノラマが注目され、隠れた絶景スポットとなっている。「トドワラ・氷平線ウォークツアー」は、結氷した海に囲まれた白い平原の中をスノーシューで散策する、人気の体験プラン。夏は海で囲まれ徒歩で歩くことのできない「三本松」や「秘密の森」までの道のりを爽快な走りで楽しめる「スノーモービルツアー」も、今冬新たに登場する。
078nemuro04

氷平線ツアーでは、360度の大パノラマを楽しめるほか遠近感の錯覚を利用して遊ぶ「トリック写真」の撮影会も実施。

078nemuro01

新プログラム「スノーモービルツアー」で行く、冬しか行けないスポット。

野付半島ネイチャーセンター(野付郡別海町野付63)

電話番号:

0153-82-1270

アクセス:

根室中標津空港より車で約50分

営業時間:

4~10月 9:00~17:00、11~3月 9:00~16:00

定休日:

12/30~1/5

駐車場:

あり(90台・無料)

クレジットカード:

不可