特集

ホーム > vol.70 路線バス > 道南・函館と北東北周遊 > 青森県十和田市 星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル

青森県十和田市 星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル

名勝地を望む上質な宿で
癒しの〝渓流スローライフ〟を

p90oirase01

外の景色との調和が見事なロビー中央に配された暖炉『森の神話』。

 国内屈指の景勝地・奥入瀬渓流のほとりに建つ唯一のリゾートホテル。ここでは、大自然に抱かれた非日常を心ゆくまで満喫できる。
 開放感あふれる「ロビー 森の神話」
にある、故・岡本太郎氏が手がけたアート作品『森の神話』が訪れる客を出迎る。また、西館ラウンジでは彼の遺作となった『河神』を展示。それぞれ奥入瀬の森と、渓流を表したと言われる。リンゴをモチーフにしたレストランや、八甲田から湧き出るやさしい肌ざわりの温泉に身をゆだねれば、至福の時が過ごせる。
 夏ならネイチャーガイドとともに歩く渓流散策や、奥入瀬渓流の景観美の源である苔の小さくも美しい世界をじっくり観察する「苔さんぽ」、朝霧に包まれて目覚めのコーヒーを味わう「渓流モーニングカフェ」といったアクティビティが楽しめる。
 もちろん冬も魅力的で、白銀の世界を歩くスノーシューツアーをはじめ、氷結した滝「氷瀑(ひょうばく)」を再現した露天風呂など、厳しい寒さならではの大人の好奇心をくすぐるコンテンツを数多く取り揃えている。

豊かな自然とともに味わう趣向を凝らした食体験

 夕食にはビュッフェレストラン「青森りんごキッチン」へ。こちらは名産のリンゴを料理はもとよりインテリアにも取り入れており、リンゴをモチーフにした伝統工芸「津軽びいどろ」のほか、入口には約1800個ものリンゴがワインセラーさながらにずらりと並ぶ。一番の人気メニューは「あつあつアップルパイ」で、添えられた濃厚ソフトクリームとの相性も抜群。ほかにも、目の前で料理を仕上げるライブキッチンが好評だ。
 また木漏れ日が差し込む渓流沿いのテラスでは夏限定で「渓流テラス朝食」を用意。川のせせらぎに耳を傾けながら食事をいただき、ゆっくりと過ごしたい。さらにこの季節には、苔むす岩を料理で表現した「苔ランチプレート」を提供する。自然の恵みを活かしたユニークな料理の数々を五感で堪能してほしい。
p91oirase06

奥入瀬渓流を望む「渓流露天風呂」では、開放的な気分で湯浴みができる。

p91oirase05

渓流が眼下に広がるテラスと露天風呂付き客室「渓流和室 露天風呂テラス付」。

p90oirase02

そこかしこに配されたリンゴのインテリアが目を楽しませるビュッフェレストラン「青森りんごキッチン」。

星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル(青森県十和田市大字奥瀬字栃久保231)

電話番号:

0570-073-022(星野リゾート予約センター)

アクセス:

JR八戸駅より車で約1時間30分、またはJR青森駅より車で約2時間(無料送迎バスあり・要予約)

営業時間:

チェックイン/チェックアウト 15:00/12:00

定休日:

メンテナンスの休みあり

駐車場:

あり(100台・無料)

クレジットカード:

主なものOK

料金:

1泊2食付・2名1室利用1人20,000円~(消費税・入湯税ともに別)

客室数:187室
【Topic】
1日1室限定「苔ガールステイ」
"苔の聖地"だからこそ実現できる特別プラン。渓流近くの遊歩道では、ネイチャーガイドとともにルーペを覗きながら、ミクロの世界の美しさを観察。苔がテーマの設えにこだわった限定ルームに宿泊できるほか、同プランの限定スイーツ「こけ玉アイス」や、「こけ玉作り体験」など盛りだくさんの内容。